育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

過激なことを無責任に宣いたい

発言には常に責任がつきまとう。

政治家でなくても、そうだ。

 

責任というのは、金とかじゃなくて、

友情とか、信頼とかそういう

超個人的な事で。

 

あいつめんどくせーなとか思われるのもこっちとして面倒だし、

それは違うよと、ちょっとずれた反論されて

「私その次元ではなししていないけど、それを説明するのは

とても私の残念な頭では出来そうもないぞ」と頭をこねこねするのは大変。

 

論破されてしまっても心のなかでは「だけどさーでもさー」って残る。

 

論破されちゃったりすると、あいつはわかってない、

とか簡単に言われちゃうわけ。

 

あなたとわたしは考えている世界、見ている世界が違うのです、といいたいけど

それが通じないんです。論破に立ち向かうためには、

最低半日考えないと反論できないという、ものすごく性能が悪い頭なのです。

 

だから、私はあまり自分の意見をいうのは好きではありません。

でも、そんな私でも、熱く語りたい、特に愛と性について。

時々顔出しツイッターやフェイスブックでつぶやくと、なんか、

ひと目が気になる。時々変ないちゃもんつけられる。

(ワタクシのフェイスブックツイッターは、もはやロム専用とかしております)

じゃあ、どうするか。

匿名ツイッターを始めたが、フォローしていく過程でバレてしまった。

じゃあ、どうするか。

匿名ブログをやることにした。

 

 

私は素直な人間なのでまたバレてしまいそうで怖いが、

そのリスクがあってもやっぱり書きたい、語りたい。

 

語りたいテーマは愛と性。

会社でドスケベというアダ名を拝命したことがあるワタクシでございます。

常に愛と性に思いを巡らせております。

 

愛と性には正解がない。

皆自分の意見が正解だと思っている。

だから自分の意見から外れた意見はあんまり聞きたくないし、

時々怒られる。

多くの人が誰かを愛し、性欲を感じる。

(感じない人もいるらしいから世の中は面白い)

人類が子孫を残す上で、絶対避けて通れないテーマ。

故に、喧々諤々、解決を見ない(恐らく何千年、何万年と)議論が行われている。

だからこそ、愛と性は考えていて飽きないし、面白いと思う。

 

真面目に愛と性を語っていけたらいいな〜