育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

そうは手術後の数日間1

掻爬手術を終え、

帰路につく。

病院は近いので、歩いて帰った。

旦那に支えられながら歩く、その気になれば、

ガンガン歩けそうな感じだが下手に頑張ると、なんか嫌な予感がしたので

ちんたら歩く。

うまく言えないが、体が重いのだ。

当たり前か。

 

でも、ネット上では「ものすごく痛い」と書かれたものを見ていたので、

超ビビっていたが、元気である。

もののけ姫の牛飼いの甲六よろしく「痛くねえ、治った!…っ痛…」みたいな

調子で、調子に乗っちゃあよろしくない感じ。

 

部屋に帰るとよく眠れた。

びっくりするぐらい寝ても寝てもちゃんと眠くなる。

ぐうたらしていた。

というか、動くとする疲れちゃって、

お腹痛くなって、立っていられないのだ。

 

でも、お茶を入れたりコーヒー淹れたりは自分でするし、

彼も徹夜明けのしごとのままきたので、

100%頼りきりになるわけにも行かない。

 

翌日義理の母が食事を作りに来てくれるのだが、

部屋をある程度片付けておかないといけない、そう思うと、

おちおち寝てもいられない。

 

義理の母が来てくれたことはありがたかったが、

可能であれば血がつながった親を頼るのがいいだろう。

いちいちうるさくてイライラしてしまう人も

多いだろうが(私はそうだ)やはり親は100%

頼ることができるので、ありがたい存在だ。

 

私は出血量はそんなになかった。

生理終盤の血液がだらだらと出てくる感じに似てる。

軽い日用の生理用品で十分事足りた。

そんな状態が2週間ほど続いた。

血の塊が出たのは1度だけだ。

わからないが、掻爬手術の術後は

妊婦の個人差もあるだろうが、医者の腕もあるかもしれない。

 

私の場合、卵子は右側にあったように思う。

超音波検査でも右側にグリグリされた時、映像が見えた記憶がある。

そのせいか、右脇腹というか、へその下、右足の関節のすぐ上の腹が

術後いつも痛む。

ズキズキと。そこをえぐられたのかな、と感じる。

術後1ヶ月経つが、今も多少痛む。

 

病院の説明では、3日間は部屋で安静、ということだったが、

2日たった時点で、安静にすることにすっかり飽きてしまった私。

よし、脱毛サロン行こうと一念発起。

どうせ、移動と施術室で寝るだけだ、と高を括っていた。

が、移動がびっくりするほどしんどかった。

 

電車の中で立っているのがほんとうに辛い。

痛いとかじゃなくて、すごい気持ちが悪い、

できることならうずくまりたい。

でも、なんなんでしょうね。我慢できるうちはしようと思ったんです。

 

本当は、「手術仕立ててもう超しんどいから席譲ってください」って

懇願したかったけど、できなかった。がんばっちゃった。

脱毛サロンでは、よかった。施術室で寝てられて、だいぶ気分が落ち着いた。

帰るまでの移動はしんどかったが、

あんまりにもしんどくて翌日2時間くらい電車に乗って行く

仕事関連で見たかった映画キャンセルしちゃった。

失敗だ。ぜひ少なくとも3日間は、安静に過ごしてください。