育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

いいのか悪いのかよくわからない演出術

テレビディレクターの演出術という本が発売されたらしい。

直接そのディレクターと接点はないが、間接的に知り合いだったりして、

へ〜って感じではあるのだが、

なんで今さらテレビなんだろう?と不思議だなと思う。

まあ、読んでないし、あんまり読むつもりもないのだが、

その本にかこつけて私も私なりの演出術をご紹介したいと思う。

 

いいのか悪いのかよくわからないけど私にも演出術がある。

 

それは

 

「どもる」

 

である。

 

私は昔から思ったことをずばっと言ってしまい、

本当に子供の頃から沢山の人を傷つけてきた。

言葉を選んでも、選んでも、気が付くと

「で?なんなの?」と直球でいつも聞いてしまう。

 

それを回避するために無意識に身につけた技術が「どもる」だ。

 

私はどちらかというとドキュメンタリー系なので、

どうして病気になったんですか?なんで生活保護なんですか?

なんで体売ってるんですか?とか、普通の会話だったら

まず聞けないことをさらっと聞かないといけなかったりする。

 

聞きにくいことを回りくどくうまく聞く能力は

身につかなかったので、直球でいうことは変わらないのだが、

どもることで

「ああ、この人は言葉を選んで(私のことを考えながら)

 質問してくれているんだな」

と、きっと思ってくれていると思う。

 

ただ、学者や識者に聞く時、どもるのはマイナスなので、

やっぱりこれは果たして身につけてよかったのかよくわからない

演出術ではある。