育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

自分の親世代の謎の決めつけ

「お前は騙されやすいから」

とおばによく言われる。

なんの疑いもなく「そうなんですよ」と思っていたのだが、この人は何基準で言っているんだろう?と最近ふと思った。

些細なことなのだが、着付け教室に興味を持ち、エントリーしてみた。で、まあ、着付けといってもろくなアイテムを持っていないので、おばに借りようと思ったら

「あんたは騙されやすいから、ほいほい言われてやってるんじゃないの?」とあらぬ疑いをかけられた。

着物業界がボッタクリ業界なのは周知の通り。

実際エントリーした教室も、ネットで、無料と言いながら、後から金を取られたり、「なんでそんなしょうもないアイテム指定なんだよボケ」と思うような金を遣わす方へ方へと話が流れていくので、「1回行ってこれいつやめようかな…」と思う代物ではあった。

おばは疑いをかけた上に、着物なんてお前みたいな庶民がやるようなもんと違うという旨のことをまくしたててきたわけだが、実際、おばにまくしたてられ、まあ、めっちゃ軽い気持ちで始めたものだし、早めにやめておいた方が、無駄金つかわんですむわ、と思い、さっさと初回でやめてしまった。

 

その時は、おばの決めつけの態度にイライラしたが、自分は騙されやすいと自分でも思っているので、なんとも思わなかったのだが、だいぶ立ってからそもそも何を基準に「騙されやすい」と言われているのだろう?と思った。

もちろん、子供のころから見てくれているとは思う。ただ、私は子供の頃は誰しも騙されやすいものではないだろうか?従順なものだ。大人になるにつれ、観察力が身につき、ノーといえる様にもなるだろう。

逆に言えば、そうやって従順で、騙されやすいように育てたのは、おばや、親たちではないだろうか?親の言うことには逆らうな、絶対だと教えこんできたのは、親たちだ。

(おばに直接育てられたわけではないが、おばや親は同じ価値観で子供に徹底的に従順を強いてきた)

騙されやすさとは、一つには、ノーといえないオシの弱さと、従順さもあるだろう。また自分で判断できないという自立心のなさもひとつの原因はあるだろう。

もちろん、その人間の判断力(知性)のなさもあるだろうが。

そういう人間に育てたのはあなたの一族の教育方針では?

 

さらに言えば、そうやって「お前は判断力がない、私がいないとなんもできへん」と言う自分を優位においておきたいだけではないだろうか?

自分の親族、親をそんな風に見るのは決して美しいことではないが、そんないやらしさが自分の親族にはある。無意識に、序列をつけることで、自分の地位を守るようないやらしさが。

あの人達と、関わるとろくなことがない、なるべく遠くで、彼らの手の上で踊ってあげているふりをしないと、めんどくさいことになりかねないと、最近目が冷めてきた。

 

まあ、自分は騙されやすい人間だと思っておくことはいいことだとは思うけども。

おごりは目を曇らせるだけだから。