育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

明日から休みだから今日は適当で…とはいきません

今日は取材で外回り。

知らない人に声をかけるナンパなような取材をしているんですが、当たり前ですが、疲れます。

取材中、休めるのはトイレの中だけ。別の仕事がたまりまくっているので、会社に戻り、別の編集作業をやります…が、あまりにだるいので、箸休め的な感じでブログを書いています。(本当は惰眠をむさぼりたいが…)

このまま定時までやり過ごして、明日からゴールデンウィークだひゃっほーい♪

となれればなんて楽なんでしょうか。

なあ〜んてね♡

f:id:mangobus:20150501170553p:plain

まあ、そういうのに全然やりがいを感じないドエムなんで、こういう働き方をしているのでしょう。

ゴールデンウィークだ!これで邪魔が入らず仕事ができるぞひゃっほ〜い!」

と思いつつ「アー死ぬほど寝たい」とか「散歩したい」「走りたい」とか思っているだけのことです。実際、休めるのなら散歩もしないし走りもしないで、ただただ惰眠を貪ることでしょうけども。

そんな取材帰りのだるさを緩和しようとFacebookを開くと、

ツッコミまくり満載のこの記事がまた出ていました

 

tsguide.jp

10日でやめる新入社員に説教するのが、なんか大人たちに受けているようです。

正直言ってまた出たよ程度にしか思わないです。若い人は、アホな理由でやめて周りに迷惑をかけていけばいいと思います。そうやって色々なことを学んでいくしかないのだから。そんな人間の学習行為をただの言葉でどうこうしようという大人の方がバカなのだから、そんな連中の言葉を金言のようにありがたがる風潮がバカそのもの。

ただ、1つ、この文章の中で私がひっかかるのはここ。

「ところでKさん、ガンダムEXVSを初めてプレイする人が、対戦プレイで君に勝てるかな?」

「いやぁ、それはムリでしょう。僕、けっこう強いですよ。」

「そうか。じゃあ、初心者だとあっという間に君に負かされてしまうだろうね。」

「そうでしょうね。」

「じゃあ、質問。手も足も出せずにキミに負けた初心者くんがガンダムエクストリームバーサスなんてつまらない!クソゲーだ!』と言ったとしたら、Kさんはどう思う?」

「それはおかしいでしょ。ゲームがつまらないんじゃなくて、自分がヘタなだけじゃないですか。」

「そうだよな。楽しさを理解するには練習と経験が必要だよな。ちょっとやってみただけで『つまらない』とか『自分には向いていない』っていうのは、早すぎるよな。」

Kさんの表情が変わってきた。伝わっただろうか?

楽しく、幸せになるには努力や我慢も必要なのだということが。実感できただろうか?物事の本質を理解するには、長い時間が必要なのだということが。気のせいかもしれないが、Kさんの雰囲気が変わった気がした。オドオドしたところが消え、目から意志が感じられるようになった。

私がKだったらそこは

「まあ、個人差ありますからね、クソゲーって思う人もいてもいいんじゃないですか、俺はクソゲーとは絶対認めないけど、ああいうゲーム苦手な人もいるんじゃないですか?」

と答えるところです。

つまらないかどうかって、誰かが決めるものじゃなくて、人それぞれの感性でしょ。

もちろん、幸せには必ず我慢や努力は必要であることは認めます。だけど、人それぞれ、努力できることと我慢できることは違います。

私にとって、ゴールデンウィーク返上、睡眠時間返上の作業、泊まり込み、風呂入らない、は、そんなに辛い我慢でも努力でもないが、人によってはたぶん堪え難い人もいるでしょう。

逆に、毎日決まった時間に会社にいき、定時までデスクにケータイもいじらず、ネットサーフィンもせず張り付いている作業なんてしてたら私は気が狂います。

私は1ヶ月休みなく10時間以上働いてもいいから、自分が好きな時間に休んで、自分が好きな時間に発狂したように働きたいです。

こう書くと、私がすごいワーカホリックみたいだが、普通のテレビ屋は私の100倍働いている。私なんて、好きな仕事しかしないダメテレビ屋でしかないし、私はシフト制の仕事もできないし、3徹もできないし、やっぱりだらだら過ごす日々が基本ベースでありたいし、タレントにも気を使えません。

私は普通の人と同じように働くことを挫折してきた人間だからこそ、みんなが同じで、同じような努力と我慢をしないといけないという風潮がどうにも辛いです。

ある分野では人の数倍のパフォーマンスをあげられる人でも、その人にあわない労働環境では人並み以下のパフォーマンスしかあげられないような人もいたって不思議じゃない訳です。

 

まあ、でも、10日で会社に見切りを付ける上に、自分の頭で考えて行動していない「こいつ自分の現状に気がつかないといつまでも同じことの繰り返しだがなー」というかわいそうな子を私はそのまま「まあ、自分で気がつくまであがくがいい」と突き放してしまう優しさゼロの人間なので、私みたいな人間の下についたら、だめな子はもっとだめになるかもしれませんね。

まあ、それも生きるということじゃないですかね。

 

冒頭の話ですが、本当は集中してやるべく、仮眠でも取った方がいいのかもしれません。

仕事中にブログ書いている時間を無駄とよばず、なんというのか。マジクソですね、我ながら…。