育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

色んな人の幸せを願える幸せ

どうも。 既婚者なのに、若い男にうつつを抜かすたわけ者です。

mangobus.hatenablog.com

 このエントリーを書くか書かないかくらいなタイミングで私はこの話を旦那にした。

私「もー聞いてよー。私失恋したっ」

旦那「ん?んん…」(ヘッドフォンをしてゲームプレイ中のためほとんど聞こえていない)

私「私には君がいるのだから、ツバメ君はもう諦めないと…!」←聞いていないことはわかっているので、色々割愛。

旦那「ふーん」(どうでもいい話と気がついてもはや聞いていない)

 

まあ、旦那は私が自分よりスケベなことはわかっているし、この手の「かっこいい人がいたの〜!」トークはしょっちゅうしているので、免疫はある。←私の計算

しかし、さすがに、ちょっとガチであるこの件に関しては、人としてどうなのか、と罪悪感を感じて、後日彼に謝ってみた。

 

私「この前は、旦那に向かって失恋なんて、人としてどうかと思います。ごめんね」

旦那「あぁ〜。なんのことかよく分かんないけど、忘れていたよ」

気にしない彼。心が広い。しかし、若干ガチでツバメくんに恋心を抱く私としては罪悪感が半端ない。取り繕うように彼に私は畳み掛ける。

 

私「君は若い女性にうつつをなぜ抜かさないのかい?」

旦那「ぬかさないこともないけども…うーん…」

私「ああ、10年後が怖い、私自分の性欲を抑えられるかな…」

旦那「10年後って40でしょ?その性欲キープできるのかな?」

私「…ああ、そうだね…」

 

妻の浮気心を優しく受け止めてくれる、というか、華麗にスルーする旦那。普通そんなことができるのだろうか?傍から見ていたら私は極めて不貞な女だろう。でも、自分の衝動をおさえることなんて、できないじゃないか。(いや、まあ、行為には及んでおりませんよ?)

捉えように寄っては「私に興味がないの!?愛してないの!?」となってしまう人もいるのかもしれない。でも私は「別に君の心の中にどんな要素があろうが、僕は君が好きだし、君も僕のことが好きなんでしょ?じゃあそれでいいじゃん」みたいな態度が最高にありがたい。

「失恋したー」とか「ツバメ君かっこいいんだよー!」とか、他の男の話をしているのに、一緒に歩いて、話を聞いてくれて、しかもしっかりと手を繋いでくれる彼。

全くもって不貞なバカ女でごめんなさい。たぶん、こんな私を受け入れてくれる人は君しかいない。だから私も、君が幸せでいられるように、君が笑っていられるように、できうる限り頑張ります。

(まあ、ツバメ君にも幸せになってもらいたいわけだが。ツバメ君に素敵なお嫁さんが現れるように、と。私じゃダメなんですか、と嫉妬しながらも、ツバメ君の幸せを願いたいと思う。)

結局、色んな人を好きになれて、誰かの幸せを願うことができる、私自身が一番幸せ者なのかもしれないな〜。

 

 

 

はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)

はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)