読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

仕事していない若い男の平日日中ブラブラ権を

「逃げの転職」の現実と、会社を辞めたくなったときに考えてほしいこと | 未来を変えるプロジェクト by DODA

この記事を読んだ。言いたいことはよく分かるし、納得もするんだけど…
いや、頭じゃ分かるけど、もう無理って思ったモンはもう無理じゃん?
と思う。

「逃げの転職」自体は特に悪いものではないが、「次どうする」がない退職は、この事例のように一種のパニックに陥り、余計に悩みを深くするだけだ。

辞めたくて仕方がないときは、次のことをすると良い。
転職活動で他社を見て、冷静になる。
今の状況は永遠に続くわけではない。「待つ」という選択肢を持つ。
人の悩みを聞いて「自分だけではない」と客観的になる。
浪費すればするほど、追い込まれる。貯金して、余裕を持つ。
体を動かす。
冷静さを伴わない転職は必ず失敗する。まずは落ち着こう。

 

その通りだと思う。だけど、無理だよね?
転職活動で他社を見て、冷静になる。

そもそも冷静じゃない状態で、他社を見たところでやめたい気持ち、現状に納得できない気持ちが加速する。

今の状況は永遠に続くわけではない。「待つ」という選択肢を持つ。
たぶん、そこまで追い詰められるまでの間、何度も何度も何度も我慢も待つもしているんじゃないかな。その上で待つの?また?我慢してる時って1秒がクソ長くない?
 
人の悩みを聞いて「自分だけではない」と客観的になる。
自分だけじゃないけど…そんなんで納得できるんだったら、辞めない気持ちに歯どめなんてきいてるよ。
浪費すればするほど、追い込まれる。貯金して、余裕を持つ。

余裕がねぇから浪費するんよ。貯金できるほど心に余裕がほしいよ!

体を動かす。

仕事ですげー我慢してるから、家に帰るともう身動きが取れないくらい疲れてる。

 
もう即刻やめたいと思った時は結構末期だと思う。そうなる前に転職のスタンバイをしておかないといけないということだろうか?
書いてて思ったけど、こんなもう、ボロボロになる程追い詰められるんだったら、早くやめたほうがいい。
早くやめないとメンタルがやられて、転職活動もままならない。
もちろん、先を見つけてからやめることが大切なんだと思うけど、ほんとに。だけど、先を見つけられるのはやっぱり余裕があるからだ。余裕がなくなるほど我慢したら、先は見つからないし、メンタル的にも問題があって先が見つかっても業務に支障が出る。
でも、本当はそんなギリギリになるまで仕事を辞めちゃいけない、という社会のバイアスこそに問題があるのではないだろうか?
この記事の男性は定職につかなくてもバイトで食いつなげるだけのスキルがある人だ。
収入は不安定で、先は不安かもしれないが、仕事をバイトの形でもいただける人脈と、それに応えられる能力があるということはそれだけで十分立派だ。
ただ、彼に決定的に欠けているのは、会社に属しているということだけだ。
若い男が平日の昼間からブラブラしていることの罪悪感は並ではないだろう。
平日の昼間からブラブラしていたわたくしも、女だけど、世間様の目を気にして、死にたかった。
メンタルがやられるのは先が決まっていないままにやめることに問題があるんじゃなくて、メンタルがやられるレベルまで我慢をせざるをえない、そして、先が決まらないままブラブラしていると後ろ指を指されるこの社会のバイアスにこそ問題がある。
 
この記事の人の問題提起は極めて良心的だが、問題の本質を解決できているとは思えない。
転職の準備ができていないにもかかわらず、退職への思いが強いという追い詰められた状態なのであれば、冷静に準備なんてできないし、我慢はすればするほど余裕も精神力も削られていく。
この記事を読んで学ぶべきは、逃げになる前に、転職は常に視野に入れておくべし、ということだろうか?逃げざるえない状態で、冷静な判断をしろというのは極めて難しいだろう。
 
なんの先のことも考えずに飛び出した私は、たぶん、あれ以上いたらさらにやばかったと思う。それなりに体を壊して、精神的にもやみましたから。心と体が弱いだけなのは分かっているけど、未来に希望が見えない中のただの我慢はやっぱりただの毒でしかない。