育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

もやもやもやも・・・

非常にもやもやしております。

ツバメくんが好きだ。話をしたい。メールを送りたい。送る。そっけない返事。

ツバメくんが好きだ。メールを送りたい。送る。そっけ(以下略)

を最近繰り返している。

 

会いたい!会いたい!!

 

と思うのだが、もうずーっと同じことを考えてぐるぐるしている。結果、「現状維持が一番いい」となる。

あいつに早く彼女ができれば、諦めがつくのに。クソ。いや、悲しいけれども。

 

いや、もうノリノリの返事が来たら来たでさ、いけないと思うんです。わかってるんです。相手にも迷惑なのもわかっているんです。だから、ぐっと我慢の子。

結果モヤモヤがたまる。

 

貞淑でありたい、潔癖でありたい。だが、現実には、そうもいかない。だからといって、不倫ができるほど衝動が強くもなく、理性にすがりついてしまう。

ただただ鬱積していく。だからとって、吐き出してしまえばいいのかと言われると、それは違うのだ。彼に振られるのも、受け入れられるのも嫌なのだ。ただ、この気持を押しつぶしていることが現状、私にとっての最適解なのだ。

実は男の不倫率は決して高くない(忘れたが)。

私のような感情なのではないか?妻が好きだ。この家庭を壊すつもりもない。家庭外の女性が好きだ。だけど、告白する気も起きない。ただ気持ちだけがほろ苦い。

というか、前の会社で、既婚男性(先輩)が、私の同期を好きになってしまい

「妻が嫌いなわけじゃない、子どももめちゃくちゃかわいい、だけど、あの子が好きなのです」とつぶやいていた。

バカな小娘だった私はショックを受けながらも「え?じゃあ告れば?」と思っていた。
今なら分かる。そういう問題じゃない。やっぱり家族や妻が大事なのだ。先輩は同期の女に自分の思いを打ち明けることもなく、同期の女は先輩の気持ちに一ミリも気が付かず「えー先輩?ないないないない、一番なーい」と無邪気に笑っていた。

(※先輩は、男として、先輩としてはちょっと、いや、かなりイマイチだったが、宴会部長としては素晴らしく優秀で大好きな先輩だった)

 

はぁ。自分の陰気な性格が嫌になるな。いや、だからといって、浮気がしたいというわけではない。ただ、ここ数日満たされない何かに心がもやもやしている。スカッとする爽快感がないのだ。なんなんだろう。