読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

ゆるキャラ萌えキャラブームはたぶん行き過ぎている

最近、駅乃みちかというメトロのゆるキャラが萌えキャラに変わり、それのスカートが性的だと何か物議を醸しているらしい。

www.j-cast.com

 

そもそもあのキャラクターがゆるい時点から気持ちが悪いなと思っていたので、なんとも思わないが、スカートのシワを消したくらいで、駅乃みちかのなんともいえない昭和のいい女的な、権力にすりよるようなウザイ感じは取れないんだからどうでもいいと思うのだが、私もなんやかんや萌えキャラには辟易としているので一言申し上げたい。

子供の頃、私は多分、現代のような萌えキャラを色んな所で見られる社会を望んでいたようなきがする。

周りから後ろ指さされず、薄い本を、本屋さんでこそこそ物色するのではなく、どうどうと、社会に認められるような。今はまさに、私が子供の頃望んでいた社会が実現しているように思う。

山手線の電車がラブライブのラッピング広告に包まれたり、新宿の地下道にアニメの広告がどーんと出たり、セーラームーンやらジョジョやらが絵画展をやったり…。

アニメ文化が社会に受け止められている。だがなんだろう、この逆にむしろイライラする気分は。セーラームーンの足のアンバランスの長さやラブライブのキャラの巨大すぎる頭やでかすぎる目になぜかすごくイライラする。胸も足も、尻もなんつーか極端すぎて気持ちが悪い。なぜそう思うのか?たぶん一重に加齢はあるだろう?だが、それ以上に「もてはやされすぎている」ことが一番の問題ではないだろうか?

 

身体のバランスがおかしい美少女をお目にするのは、何も東京だけではない。鈍行で10時間(いや、新幹線に乗っても最低10時間はかかるんだった!)かけてたどり着いた秘境、和歌山では、熊野三山の巫女の萌え絵に迎えられた。

j-town.net

心の中で「巫女みこナースかよ」と突っ込まざる得ないくらいチープな巫女設定だった。(巫女みこナースは、ぜひこの主題歌を聞いてほしい、いや聞かなくてもいいけど)

巫女みこナース 主題歌 巫女みこナース・愛のテーマ (Full ver.) by azrael9696 R-18/動画 - ニコニコ動画

いやいや、オレ、霊験あらたかな熊野の山々を感じたくてだな、こんな90年台(巫女みこナースは2000年台の作品だった!)のエロゲみたいなの感じるためにきたわけじゃねえんだけど。という気持ちに。さわやかな疲労感はじっとりと思い徒労感に変わった気分だった。

 

なぜだろう?子供の頃だったらそんなにいやじゃなかったかもしれない、だけど、いきなり頭がオタクモードじゃないときに、突然エロい萌えキャラをぶち込まれるとなんか疲れるのかもしれない。

ラブライブのようなギャルゲーのラッピング広告が都内にはびこるのは仕方がないと思う。だが、地方行政はもう少しオリジナリティと、その地域性に本当に萌えがマッチするのかちゃんと考えたほうがいい。日本の美少女文化は世界に誇るもので間違いはないと思うが、それは世界で春画が評価されていることと同じだろう。日本はエロコンテンツが豊富という情報発信でもあるだろう。春画を見たヨーロッパのご婦人は、日本の男性器の大きさに驚嘆した、なんて逸話もある。同じようなニュアンスで日本の女はみんなおっぱい大きくてエロいと誤解されている可能性もある。もちろん、夜這い文化を持ち、性に開放的なのも日本文化の一つと考えれば、萌え絵で、この地域はエロいエリアという印象づけてもそう齟齬はないのかもしれないが、それをその地域の代表として発信するのはいかがか?

(主に)男オタクたちの聖地・秋葉原修験道の聖地・熊野ではターゲット層も、メッセージも必ず違うはずだ。

 

萌え絵を女性の体が性的に表現されていて不快だというフェミニストたちの発言はなんか、女性の体を持つ私としてもあんまりいい気分がするものでもなく、また、一オタクとしても、なんでそんな個人の感情論で避難されにゃならんのや、という気持ちにはなる。だが、考えてみれば、志摩のメグも熊野の巫女も、エロゲキャラで出てきても「おっしゃ、脱がしてやる!」とエロゲ魂を刺激されるだけの設定を備えていることを考えると、やっぱり、性的な要素が強すぎるのだろう。

(その意味では、道乃みちかは、ときメモとかに出てくる隠しキャラ(コアラ女とか)くらいの立ち位置(落としてやろうという闘志がいまいち湧かない)な気がするので、そもそもあんまり性的なキャラとは思えない。あくまで一世代前のギャルゲ好きのオタク的には、だが)

 

全然どうでもいいんだけど、なんで全部擬人化は女の子なんだろうか?刀剣乱舞みたいな男擬人化もあると思うんだが。いや、男だったら男で、ちょっといいじゃねえか、と思いつつ、たぶんイラッとするから、なくていいかな。