育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

メンタルヘルス低気圧

憂鬱がひどい。

ここ数日のメンタルヘルスがたぶんヤバい。

ツイッターでネガティブなことばかりつぶやいている。30代としていかがなものか、と思わずにはいられないレベル。

しかも、ちょっとうっかり失敗をしてしまって。

自分自身のために整理をすると、

私がボランティアで手伝っている大きなプロジェクトがあって、そのチームの主力は学生さん。私はリズム感のよくないそのチーム(学業の合間だし学生さんたちもボランティアだから仕方がない)のやり方につい、やきもきしてしまって、口を出しまくった。

私自身がほぼコミットしていないその場限りのボランティアなので、あんまり口を出せないのを分かっていながら、すげー口出しをしまくってしまっていた。

基本的には、そこの世界のことは門外漢なのに、つい調子にのって仕切りだしてしまい(しかもその仕切りが正しいかもよくわからないのに)、その世界的に「いや、それはないでしょー」という提案をしてしまった。あくまで提案なので、痛手はないのだが、本業の人たちが見ていてヒヤヒヤする内容だったようだ。

なお、これらはすべてオンライン上のやり取りだが、見かねて「そういうメッセ、送らないでください」と電話がかかってきた。

ダメの熱量がよくわからないが、私は「ああああー」と思った。彼らは基本的に圧倒的に人手が足りず、表立ってもう手を出さないでください、何もやらないでください、とは言わない。そもそもそんな具体的な指示をする余裕がないのだが、それでも電話をしてきたってことはけっこうなやらかしに見えたはずだ。

あなたにそこまで求めていないのだよ、という、声が聞こえてきそうな勢いだった。(というか自覚もある、むしろどこまで口出しして許されるかわからなかったから、注意して我に返った部分もある)

 

裏で何を言われているか…いや、言われていないとは思うけど、私は「めんどくさい」ヤツ、カテゴリーに入ってしまったかも、と思うと、気が気ではなかった。

だって、こっちはそこそこ身銭切って手伝っているのに、だよ?自分の分別をわきまえなかったとはいえ、そうやって「めんどくさい扱い」されるのはやっぱりきついし、落ち込む。

あと、なんか良かれと思ってやった結果、失敗っていうのもさ、まじで凹む。じゃあ、最初から何にもしないほうがよかったじゃん、何にもしなかったらイタズラに評価をさげなかったのに、馬鹿なの?って気持ちになる。

 

ああ、でも、考えてみたら私なんで自ら身銭切って、自分の労働力ただ売りして、彼らの手伝いをして、しかも彼らの足をひっぱってる扱いをされているんだろうな?

ただのバカじゃん、私。考えてみれば。釈然としない気持ちがずっとある。軽く見られているという気持ちが。

もう落ち込むのは辞めた方がいいとは思いながら、なぜこんなに落ち込むのかよくわからない。

自分の中で、自分を責める声が鳴り止まない。

 

自己嫌悪と、自己犠牲、なんか、よく解かんないけど、私一体何なんだろうか?

 

でも、真面目な話、私は自分を安売りするのはやめたほうがいいだろうな。本当に。

単価をガンガンに下げて売り渡すから、買い叩いていいと思われちゃうわけで。はぁ。商売っ気がないんだから、もうちょっと考えないといけないな。こんな一銭にもならない仕事(ボランティア)をなぜ私は喜々としてやっちゃうんだろうな〜。

 

と、無軌道にもやもやした気持ちを書き綴ったら少し落ち着いた・・・。

 

そこまでのことじゃない、と頭の片隅では気がついているんだけど、ふとしたきっかけで自分を自分で責め始めてしまって、声に出して自分を罵声してしまう。

「最悪だ―」「マジでないわ―」「どうしてお前はいつもそうなんだ」「だからダメなんだ」「もーいやだ」「もーなにもしたくない」「頭が悪すぎる」とかとかとか。人目は気にするけど、やっぱり止まらない。

たぶんね、もうちょっと病みが進行したら私も電車の中でつぶつぶ罵声を大声で発するような気がするんだよね。そういうことなのじゃないかな、きっと、精神を病むというのは。いや、何の話だよって感じだけど。

 

あーちょっとすっきりした。

なんかこの手の話の愚痴は誰にも言いにくいものがある。自分の恥ずかしいうっかりを伝えなきゃいけないし、たぶん聞いた人は「あー・・・それはやっちゃダメなやつでしょ―」ってなるし。結果的には「え、そんなこと気にしすぎじゃない?」とは言ってくれたとしても、「気にするなっていいつつ、お前さっき私のうっかりを「ないわー」って言ったやないかい」って気分になるのは目に見えているから言いたくない。あと、私は誰か他人を責めるのが得意でもないから、基本的に自分が全部悪い口調でしゃべっちゃうし。あとたぶん感情が溢れ出して泣くし。で、泣いたら泣いたことで聞き手はテンパって「事実としてそれほど気に病むことじゃない」と冷静にジャッジしてくれなくて「もう泣くなよ―」と思う気持ちで接するから、逆に気を使うんだわ。

私ね、こう見えて(?)相手の気持ちに立ってものを考える人間だから、さ!

 

頭の中で、ぐっちゃぐちゃになっていて、自分ではなにがなんだかよくわからなかったんだけど、文字に書きなぐったら、気持ちが少し整理が付いた。別に強烈に悪いことをしているわけでもないし、強烈に人生の汚点となる失敗をしているわけでもないし…そもそもノーギャラだし。ギャラももらっていないのに、真面目に頑張ってしまう私はいかがなものかと思うけど。その辺は今後考えねばならない私の仕事スタイルとも関わってくるわけで。

ああ、仕事意識でやってるから落ち込んでるんだな。いや、どうかなー逆にプライベートの人間関係だから落ち込むのか、うーむ。何はともあれ、私繊細すぎてまじでいやだ。

さて、そろそろ仕事しないとな。