育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

ウェブ時代だからこそ?

暴力をメインカルチャーのエンタメにするのはそろそろ辞めたほうが良いと思う。
そう思ってくれる人がたくさんいるんだなーと思えた正月だった。

blogos.com

この記事自体は「ベッキーが殴られてるのなんて、テレビ業界の内輪事情は今更ほっとけよ」というものだが、騒動について色々記事を網羅しているので、乗せておく。

個人的には、90年代のお笑い芸人たちの暴力的な笑いはどうにもすきになれなかった。ダウンタウンも、とんねるずも好きだったが、暴力的な部分はどうしても、白々しい気持ちになってしまったし、人を馬鹿にして笑いものにする笑いはどうにも好きになれなかった。でも、テレビだとそういうのが多いから、そういう番組は見ないようしていた。

今回、この一連の炎上騒動で、ベッキーが嫌がりながらキックされる様は、見ているだけで不快だし、その上「レイプ物みたいで勃起した」というクソリプを見かけてからは本当にレイプにしか見えなくなってしまい、不快指数が爆発的に上昇した。

「女性が暴行される」という批判の仕方もあるが、やっぱり、私には、いじめそのものに見えてしまう。公共の電波で、悪いことをした人に暴力を振るって笑いものにするのは(加害者が考える善悪の中で)悪いことをした人間は暴行を加えていいという理屈を見る側に伝えてしまう。それは90年代のころから批判され続けて来たし、皆が皆そうなるとは思わなかったが、それでもいじめの現場では加害者の罪悪感を「こいつ悪いことをしたんだから制裁を加えて何が悪い」という理屈で押さえつけるものにはなるだろう。

なによりも、嫌がる人に与える暴力が笑えるというのが、やっぱり私には理解ができない。なんで、痛い思いをしている人をみて笑えるのだろう?

 

出川さんも同様の理由で嫌いだ。彼の素のうっかりを周りはバカにして笑う。運動神経悪い芸人も同じだ。なんで、笑うのだろう?そんなことで笑われたら、人は頑張れないし、成長できない。

なんで人の失敗を笑うのだろう?なんで人の恥ずかしい様をみて笑うのだろう?

私はバラエティ番組は好きな方だが、そういう笑いは昔から苦手で、いつもチャンネルを変えていた。

でも、昔はそんな私の不快感はあまりにもマイナーな気がして、口にだすことはできなかった。でも、私のような感性の人が、声を上げられている。

 

それはちょっとうれしいことではある。

暴力を見て痛いと感じて、人の恥が笑われているのを見て、屈辱を感じる、そういう感性の人はマイノリティなのかもしれないが、ウェブでは声を張り上げることが許される。それはきっとウェブ時代だからこそのいいことな気がするな。

(人権問題とか、いじめを生む、そういうのはとりあえず脇に置いておいて、ね)