ADHDの自分を育て直し

よくわからない生きづらさに人生を思い悩む人のブログです。最近ADHDと分かりコンサータ始めました。

アナ雪を男女の話だけに終始しないでいただきたい

匿名ダイアリーのアナと雪の女王のレビューを見た。

anond.hatelabo.jp

ざっくり要約すると「アナ雪は女性だけで解決してしまい、クリストフはただの業者扱い。男としては疎外感を覚える」というような内容。

この対談、女の自分から見ると「???」なところが多くて、

とか。

期待される「プリンセス像」を捨て、「ありのままに」なることが抑圧から解放だと描くこと。

それらが今の時代に生きる多くの女性の支持と共感を集めたんだと思う。

とか。

全然共感できない。あーこういうふうに考える人もいるんだなーとは思った。

えーっと私はどうだったかな?と思い返して過去のレビューを見てみた。

 

ディズニーに関するブログを書いているのはざっくり2件、1つは、アナ雪を書き出しにディズニー・アニメから「アメリカの倫理観」について自分的に考察しているもの

 

mangobus.hatenablog.com

 んでもう一個がアメリカも日本より先進的に見えて、本当はまだまだ男尊女卑というか性役割が明確なのかなーと思ったということを書いたこちら。

 

mangobus.hatenablog.com

 

アナは自らの愛、もしくは、エルサの愛によって自らを窮地から救いだした。そこには男性という存在は一切存在しない。個人的にはクリストフはいらねえじゃねえか。とすら思ってしまったのだが、

この「が、」のあと、私は善し悪しの判断はせず、アメリカや日本で大絶賛されてること自体、男女平等に近づいてることかもねー的なことを書いている。

正直言えば私はあえて「が、」のあとの私自身の感想を避けたように思う。というのも、私も「クリストフくんのちょっといいとこ見てみたい♪」という気分になったからだ。

いうてしまえば、私も業者か??的なことを感じたのだ。

あと、何よりも、そんなことよりも、やっぱり、男の活躍とか私の中でどうでもよかったんだと思う。私にとってアナ雪は機能不全家族アダルトチルドレンなった姉妹の物語であると同時に発達障害で先々で問題を起こすエルサ姉さんの物語だと思っている。

引きこもった末に大事な場面で大騒動起こして、もういい!私だけの世界で私は生きていくの!と自暴自棄になったところを妹さんが身を呈して、姉さんの能力、使いようによってはええもんなんでと希望を与えてくれた。そして何より、暴走する自分に思いっきり傷ついてしまう妹を、自らの愛の力で救えたというエルサの自己肯定感を回復させていく物語だと思うと、男とか女とかマジどうでもいいし、恋愛もどうでもいい、というか大どんでん返しを演出するための道具でしかないんだなと割り切れる。女の子たちのストーリーだけど、そこに流れる本質はつまらない性別の概念に左右されるような陳腐な話ではない。

(ちなみにアナにしてもめちゃめちゃ切ない。完璧な姉にごりっごりのコンプレックスを持って、姉に勝てない、姉とは違う形で幸せを手に入れたいと思いながら、世間知らずで無知な女の子が初めて姉のためにと世界に出ていき、自分の無力さを痛感させられながら大人になっていく物語。二人とも課題があって、二人とも求めあっているのにすれ違う切なさがある。どんな人でも登場人物のどこかに自分の何かを重ねられる重厚なキャラクター設計があると私は感じている)

 

元ネタの男たちのアナ雪評もクソだなーと当初イライラしながら読んだんだが、あ、この人たち、やいのやいの言いながらアナ雪楽しんでるな。ならよし、となった。レズビアンカップルの話とは全く受け取らなかったし、オラフの鼻が男根なんていうのは夢にも思わなかった。

楽しみ方は人それぞれなんだろうなぁと。

そうは思いつつも、ありのままという口の動きに合わせた日本語訳をそのまま、女性解放という文脈にしか受け取らない匿名ダイアリーの増田の意見にはちょっと賛同できないっつーか、アナ雪好きとしては全然賛同できない。

 

ありのままとかじゃねえから。あれ、自暴自棄の絶望感と失意を美しく歌い上げていただけだからね。だから泣けるんだよ。エルサ、そんなに自分を責めるな、自分で背負いこもうとしなくていいんだよーーーってなるから、あのシーンは悲しく美しいんだよー。

そういう意味では、↓のブログがやっぱり一番しっくりくる。

オラフの正体に注意して『アナ雪』を読み解く - ここはお前の日記帳

オラフ怖いなーこいつなんだろう、全然可愛くないんだけど、と、私はよくわかってなかったんだけど、エルサのアバターというので、すごく腑に落ちた。たしかに変に子供っぽいけど、変に常識人だし、エルサの潜在的無意識みたいなものなんかもしれん。つか、私が書いたこと、読み返したら、この人が書いたことと同じこと言ってるじゃん。↓

これはたまたま主人公が女性なだけで、兄弟であっても泣けるプロットだし、女性の解放とかそういうあやしい概念じゃないんですよ。ただ女性が主人公なだけ。恋愛とか王子様を中心に据えるパターンから脱却しているだけ。だから好きなんです。私は正直恋愛主導の話にあんまり感情移入できないので。

こんなに分かりやすく書けない、ああ、文才が欲しい、ほひぃー!

 

まぁでも、単純にアナ雪好きな人はそういうところをドキューンと鷲掴みされてるんだろうな。

 

全部書き終えた後気がついたけど、私そもそもクリストフはめちゃめちゃカッコいいよ!業者じゃないよ、あいつと結婚したいよって書きたかったんだけど、アナ雪の内容のことを書いてたら忘れてた。たぶん、そういうことなんだよなぁ。メインのストーリーがよくできすぎてるから、男が置いてけぼりとかマジどうでもいい案件なんだよ、アナ雪。