ADHDの自分を育て直し

よくわからない生きづらさに人生を思い悩む人のブログです。最近ADHDと分かりコンサータ始めました。

通院ログ再診②

 前回に引き続き、再診にいってきた。

mangobus.hatenablog.com

  

今回もあまり効いていない、目は冴えているということを話した。

色々聞きたいことを忘れないようにTODOリストにメモ。色々聞く

  1. 薬が聞かないのは私が定型発達だからか?
  2. 定型発達の人が薬を飲むとどうなる?
  3. 母も発達障害のようだが?

まず1については、本を読んでいると、どれもこれも「そこまで困っていないな…」と思うことが多いから。だが、先生は「ADHDだと思いますよ」とあっさり。そう断言されると「私をダメなやつだ言いたいのか」とついつい卑屈な気持ちになる。

2については定型発達だろうが、眠気がとれるらしい。効果としては同じで、単にADHDの人特有の眠気がとれることでうっかりしにくくなる、ということらしい。

それを聞いて少し不安な気持ちになる。では・・・私には打つ手がないのではないか?

3は、「おそらくそうでしょう」と。「ただ、だからといって本人が困っていないのに、わざわざ薬を飲ます必要なんてありませんよ、安い薬ではありませんから」と釘を刺される。

 

先生の話によると、36ミリから、値段が上がるらしい。このまま続けるか、どうするか。先生も悩みながら話す。

とりあえず、27ミリをもう少し飲み続けて、仕事が忙しくない日に、一時的に飲むことを辞めてみてくれと言われた。休みの日にやめてみたと伝えたら「仕事という強制力が働く平日に試してみてください」と言われた。

効果のほどを詳しく聞かれるの中で、ちょんぼや、忘れ物はないか?と問われた。心的ダメージが大きい失敗は、そもそも大きい仕事をしていないので、わからない。だが、忘れ物については、思い出すことができなかった。

そこで、「思い出せないということは…していないのかな?」と答えると

「あるいは、忘れたことを忘れている…」と先生に返される。それは、確かにあるかもしれない。どうも、私は診察自体があまりいい心地がしないようで、毎回、かなり眠気を感じる。だるくて仕方がなくなる。…あの診察室気圧でも低いのか?余計思い出せない。

後日、少し振り返ってみると、忘れ物をして困ったと言うほど、困っていないのだが、色々忘れ物や、やり忘れをしている。次回から、しっかりそういった情報はメモをしておいた方がいいだろう。

 

薬は、とりあえず27ミリで据え置きに。もう少し様子をみて、用量を増やすか、ストラテラを試すか、とりあえず経過観察以降だ。