大人のADHDコンサータログ1年目

よくわからない生きづらさを持つ人がよりよい人生を模索するブログです。最近ADHDと分かりコンサータ始めました。およそ12ヶ月継続中。試行錯誤の末45ミリで落ち着いてます

妊活を再開した

35歳になったら、年が明けたら、3月になったら、4月になったら…と延々と、延々と先送りにしていた妊活。

病院いかなきゃいかなきゃ…と思っていたのだが

夫「セックスの頻度増やせばいいじゃん」

わい「ほう、貴様、よう言うたな?」

夫「ひゃぁっ!?」

というやり取りをして「とりあえず基礎体温でも図って、やれるところまでやってみるか…」と思いたち、唐突に妊活を始めた。

基礎体温計を書い直し、妊活アプリを入れ、排卵検査薬を購入。

高いと思ったし、めんどくさいなとも思ったが、病院に行くよりは安いし、何より時間を取られず、楽。

結果はまだわからないが、思ったことや、その他諸々をここで吐き出していこうと思う。今から妊娠しても、出産時の年齢は36歳。高齢出産だ。妊娠確率も日毎落ちていく。

生理はびっくりするほど安定しているのだが、だからって必ずしも排卵しているわけではないだろう。できなきゃできないでいいんだが、妊活しなければ、もう子供ができることもないだろう。

ほしいかほしくないか?と問われれば、ほしいっちゃほしいし、ほしくないっちゃほしくない。

それは、結婚してからずっと揺るぎなく変わらないことで、何度自問自答を繰り返しても、子供がいる生活に憧れる気持ちとだるいなーという両方の気持ちが同じ熱量で常に存在し続けている。

いわば「やっぱだめだね」と諦めるために妊活するやるようなもんだ。どうせ妊娠できるのは、あと4年もないだろうし、まあ、ぼちぼちやっていこう。

リマインドと、現状確認のために適宜ブログに書き起こしていく所存だ。