大人のADHD 生活改善日誌

よくわからない生きづらさを持つ人がよりよい人生を模索するブログです。2018年よりADHDの体質の対処療法としてコンサータ始めました。試行錯誤の末45〜54ミリを体調に応じ飲んでますいてます

私が古代人だったら…

私が古代人だったら、と、妄想することはないだろうか?私は結構ある。

歯が痛くなった時、私が古代人だったら痛みを取り除く方法がわからなくて痛みに悶えながら死んだかもしれない。

肌がカサカサすぎて顔や手が血だらけになったり、ブツブツになった時、ステロイド剤がなかったら痛くて痒くてなんつーかーもー外に出られない感じの肌になっていたかもしれない。

 

もしも鏡がない時代だったら、私は近所でも有名な鼻毛マスターになっていたのではないかと思う。(いやもうなってるけども)

 

人生にもしもはないが、いろんな意味で体をケアできる現代に生まれてよかったなと思う。

もちろん、昔はみんな鼻毛ボーボーだったんだとは思うんだけど、毎日カットしてるのに、毎日鼻毛がこんにちはするこの顔面はやっぱり如何なものかと思う。