大人のADHD 生活改善日誌

よくわからない生きづらさを持つ人がよりよい人生を模索するブログです。2018年よりADHDの体質の対処療法としてコンサータ始めました。試行錯誤の末45〜54ミリを体調に応じ飲んでますいてます

睡眠障害とADHD

私がコンサータを飲み始めたのは、去年5月。きっかけはまさに睡眠の悩みで、睡眠導入剤欲しさからだった。 

mangobus.hatenablog.com

発達障害の知人が、睡眠時間の質をあげる薬を処方されて、それを飲むと日中眠りに抗えるようになった、朝の寝起きがものすごく楽になった、普通の人はこんなに朝が楽なのかと驚いたという話を聞いたからだ。発達障害の治療に睡眠の補助の薬が使われているというのも驚いたのだが、私の人生の悩みの中で起きられない、寝ても寝ても眠い、頭がぼーっとするというのがかなりしんどい悩みだった。 毎朝目が覚めると死にたいと思うというか、このまま永眠したいという気持ちになる。それを何とかしたい、なんとか出来るのなら、とADHDの病院に行ってみたのだ。

メンタルクリニックに行った - 大人のADHDコンサータログ1年目

 当時、地味にADHDのことは色々調べていて、そうなんだろうなぁとぼんやり自分のことを思ってはいたが「だからといって体質なんだから治せるようなものじゃない」と、病院に行くことに意義を見いだせずにいた。そんな折に、睡眠の悩みがADHDと関連があると知り、行くことにした。

睡眠系の薬はもらえなかったけど、コンサータを飲むことで、日中の眠気はコントロールできるようにはだいぶなった。気合で乗り越えられない強烈な眠気はなくなり、1年〜半年に1度は起こしていた失職レベルのおおぽかもやらなくなり、本当にありがたかった。なによりも、考えがまとまるようになった。人によっては、副作用でアイデアが浮かばなくなる、なんていう人もいたが、私は、まとまる前にアイデアが浮かんで消えていくタイプだったので、アイデアが浮かぶスピードが落ちてくれたおかげで、記憶する余力が生まれ、落ち着いてものを考えられるようになった。万々歳。とはいえ夕方の眠気や体のだるさは相変わらず。根本的に集中力が続かないのも、治る気配はない。これは治療云々ではないな…と諦めてはいたのだが、「このだるさは、眠いのでは?」となんなく気が付き、眠気を取る努力を始めた。

というか、1週間に1度、死んだように20時間近く寝てしまい、翌日だるいけどねれずに完徹して2日無駄にして、元気なのが週に2日くらいしかないという生活リズムがつらすぎた。

それを主治医に相談したところ、中途覚醒を抑え、眠りの質を上げる薬を処方してもらえたわけだ。本当に効き目が全くわからない薬だ。医師曰く小一時間くらいすると眠くなると言われたが、飲んだ3,4日くらいは、結局朝方まで寝れなかったし。1週間でようやく2時間くらいで眠れるようになったのか、たんに体が疲れていたのか、微妙。ともかく、効果が微妙。でも、それくらいでいいと思う。

コンサータのように劇的に効く薬はちょっと、劇薬すぎるし。(その薬を、54ミリのんでも眠くなるわけだが)もしこのままこの睡眠薬がうまく作用したら、コンサータの服用量を減らしてもいけるかもしれない。だるさと眠気が抑えられれば、コンサータは、45ミリでもいいかなーと思っている。)

 

自分がADHDか、何なのかわからないけど、生きづらい人がもしかしたら、何かの参考にこのブログを見てくれているかもしれない。

医師の診断により、自分はADHDではなかった、自分の生き辛さはただの甘えだった、と落ち込む人もいるかもしれない。安心してほしい。生きづらさと甘えは関係ないし、ADHDであっても、克服しなきゃいけないことはあるし、努力しなきゃいけないことはある。規則正しく起きるとか、30分集中して仕事をするとか、やりたくないことでもやるとか。それは、発達障害の有無に関わらず誰にでもある。ADHDだと診断されるメリットは単純明快で、ハウツーがあるってだけだ。こういうことに意思がすぐ折れちゃうから、意思が折れないようにする対策はこれです、と。コンサータストラテラは、万能の秘薬のように見えるかもしれないけど、結局は補助具でしかない。やっぱりだるいし眠いし集中できない考えがまとまらなくて発狂しそうになることもある。結局みんな、自分の体と相談して、乗り越えていくしかない。だから、ADHDと診断されないからとしょんぼりすることも、診断されたからとしょんぼりすることもない。

ADHDって一言でいっても抱えている問題も、乗り越える方法もその人の体次第だから。そもそも乗り越える必要すらないケースさえある。

皆自分がどういう体をしていて、どう社会と向き合えばいいか絶対に悩んでいる、ひとりじゃない。だから、生きることを諦めないでほしいと思う。選ぶものは違うかもしれないけど、ともに悩みながら生きていけたらと思う。

わたしも、元気に毎日を、生きたい。

 

それにしても、コンサータ飲み始めてもう3年目なんじゃないか?早いな―。