大人のADHD 生活改善日誌

よくわからない生きづらさを持つ人がよりよい人生を模索するブログです。2018年よりADHDの体質の対処療法としてコンサータ始めました。試行錯誤の末36ミリ服用中。

音楽って不思議なもんだなぁ

音楽って面白いなーと思う。

なんとなく、時代と不思議とマッチしている。私は40年近くこの世に生きてきたわけだけど、やっぱり、2021年には、2020年代に作られた曲を聞きたいなと思ってしまう。(いや、別に2019年でもいいんだけど)

なんというのか、感覚的に古い歌は、ズレを感じてしまうのだ。

私の思春期の頃の歌は90年代末期なわけだが、あの頃の歌には、強い思い入れが当然ある。カラオケに行けば思春期のころの感覚を思い出しながら熱唱するわけなのだが、今2021年の不安や、困惑には90年代の歌は応えてくれない感じがどうにもする。

2021年のコロナ禍真っ只中に生きる私の心によりそってくれるのは、世代は自分よりずっとずっと若くても、今を生きる歌い手さんたちの歌だ。

 

反応しているのは、楽曲なのか、BPMなのか、歌詞なのか。

2020年代の歌でも、懐かしさを感じる曲はあるし、たんに今「流行っている」という私の認識の問題かもしれない。

 

BiSH-星が瞬く夜に

BiSH-星が瞬く夜に

  • 発売日: 2015/05/27
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

  BiSHのなんともいえない90年代後半感とか。

 

うっせぇわ

うっせぇわ

  • 発売日: 2020/10/23
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 これも、なんかよくわかんないけど、10代のころの古い記憶をジワジワ攻められる感じある。歌詞の思春期感のせいなのか、ビートか…わからん。

 

 

三文小説

三文小説

  • 発売日: 2020/10/30
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 最近、聞いてて一番ぐっと来たのは、King Gnu

キングゥとすぐ間違えるけど。

 

 めちゃくちゃアマゾンの商品紹介貼ってるけど、クリックしてもらっても私には一銭も入りません。設定の仕方がわからないし、そこまで頑張る気もなく。。。