読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

結婚した後の『本当に好きな人』は存在するのか?


もし、結婚してから本当に好きな人が現れたら、どうします?|「セックスレスする側」旦那の言い分

 

友達夫婦ながら、長年セックスレスを抱えながら、夫側の一念発起により、レスを解消したご主人のブログ。

私の夫は私と比べて性的に淡白な人なので(子作りしようと頑張って子作り月4回…)いつかセックスレスになっちゃうんじゃないか…!と心配になって読み始めたブログです。

この記事は、読者(恐らくセックスレスの妻)からの質問に答えたもの。

ブロガーのライダーさんはそもそも本当に好きって何?とした上でこんなふうに書いています。

世間には結婚してても、自分の気持ちに正直な事こそ正義で、恋愛がこの世で一番尊いって思ってる恋愛至上主義者で、自分の行動で周りの人が苦しみ悲しんでも構わない、この世で自分が1番可愛い!っていう方もいるかもしれません。
そういう方は、自分しか見えてませんから何を言っても無駄ですよね。

そりゃあ誰だって自分は可愛いもんですよ。
でもね、自分より可愛い人が私にはいますから。
「本当に好きな人」やらが現れても、自分より可愛い人は傷つけられませんよ。

ライダーさんは不倫などしたことがない方だし、それこそ奥さんにひとっかけらも不満がないので、不倫する人の気持ちがわからないようで、やんわりと非難しています。

私もライダーさんに近い価値観です。まあ、別に男は不倫するものだと経験的にしっています(もちろん、不倫しない人がいることも)が、私も「本当に好きな人ってなんだよ」と思います。

ただ、私はライダーさんよりもう少し寄り添った考え方をできたらなと思っています。俗にいう「本当に好きな人」=「苦しい環境から逃してくれる(かもしれない)人」なんじゃないだろうかと思うんです。

最近、DVや、シングルマザーなどの勉強をする中で、十把一絡げに不倫を悪くはいえない、と思っています。むしろ、その不倫という結果を責める前に、なぜ不倫という行為に至ったか、というところから考えたほうがいいのでは?と。

コメント欄を見てみると、どうやらセックスレスで夫が自分を愛してくれない、外で性処理をされるくらいなら自分だって、という自暴自棄、むしろ自傷行為と言っていい理由で不倫への衝動が働くようです。

当たり前ですが、夫婦生活の抱える問題は夫婦ごとに、さまざま。一口にセックスレスといっても、もしかしたら、モラハラの一種として、人間の尊厳に踏みにじられているのかもしれません。

そんな中、家庭外で優しくしてくれる、夢を見させてくれる、ときめきを与えてくれる異性というのを「本当はこの人と結婚すべきだったのでは?」と思っても仕方がない部分があるのかな?と…。

 

まあ、そもそも、なんで結婚にそんなに重きをおくのかなと思いますが、シングルマザーの置かれている状況ってものすごく深刻で(シンママの平均年収は180万くらい)未婚のまま子どもを産むと国からの援助が既婚で出産する場合より少ないともいいます。性差による年収差は100万くらいあるし、また一度キャリアの穴が開いた人は男女問わず極めて再就職が難しい。そんな状況で、結婚した女性が、離婚に踏み切るのは簡単ではないのは当然といえるでしょう。

婚姻を続けたまま、「本当に好きな人」と一時の甘い時間を過ごす…それが現実的な選択肢なのかもしれません。

まあ、家族、特に子どもがいる場合、たまったもんじゃねえけどな!

偽装家族ほど息が詰まる環境はない。そこで生まれ育った子どもはその環境が原点で全てになってしまうわけだから、本当に子どものことを考えたら、さっさと離婚して母親自身が幸せになるのが吉なのだが…。

 

…ちなみに私自身は、不倫なんて考えられません。いや、めっちゃタイプの男性みたら「お、押し倒したい…!」と衝動的に思うことはありますが、総合的に見て、今の夫が一番なんです。彼を失うリスクを考えたら、他の男性とあばんちゅーるなんて無理っす。

あと。。。不倫すると自分が汚れたものになったようで、嫌いになりそうだから、やりたくないですね。自分のために。

そう思うからこそ、なにか理由をつけて不倫に走る、走ろうとする女性に優しい眼差しでみることができるのかもしれないですね。やっぱり、自傷行為にしか見えない。

(男性にとって不倫が自傷行為かどうかは、よくわかりません。やっぱり異性への共感は難しいものがあるかな…)