読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

国って関係ないんだよね

こんなものを見つけました。

泣けた。。。 ⇨ 『日本人が韓国でフリーハグをしてみた』(映像) - ViRATES [バイレーツ]


Free Hugs for Korea-Japan Peace 2013 (日本人が韓国で再 ...

 

これ見てると、韓国人と、日本人の区別ってつきづらいなと。最後ハグしたあとお互いお辞儀しあうとか、同じ文化を共有してるんだなーと思いました。言語は違うけど。

 

これだけじゃないんだけど、ふと思い出したことがあります。大学時代淡い恋心抱いていた男友達のこと。

大学では同級生。彼のことは、仮で、よっしーとでも読んでおこうか。とにかく、苗字をもじったアダ名で呼ばれていた。

私は国際系の学部にかよっていて、英語が得意な子とか、留学生とかが多い学校だったのですが、その彼は、中学生の時、日本にやってきた天津生まれの男の子。その時点で全然日本語は喋れなかったそうですが、友達とコミュニケーション取る中、独学で日本語を学んだそうです。でも、それとはわからないくらい訛りもない。第一外国語がフランス語選択だったこともあり、中国語が堪能とは気が付かなかった。ただ、日本語の読みは苦手らしくて、授業で日本文を朗読させられるのは本当に苦痛そうだった。

でも余計なことを喋らず、頭の回転が早く、行動力も有り、だからといって意識が高いわけでもなく、肩の力が抜けたものすごくかっこいい男だった。だけど、顔は童顔で、そのギャップに当時の私はノックアウトされていた。

お気づきのことと思うが、彼は実は中国籍だ。私は、彼が「外国人」だということに気がついたのは、出会ってからかなり経ってからだ。

お母さんが日本人のお父さんと再婚して、日本人の苗字になり、ファーストネームは自分で考えたそうだ。中国語の名前も一度聞いたことがあるが、恥ずかしそうで、しぶしぶ教えてくれたので、あんまり覚えていない。

国籍は大学生の時、帰化しようと考えたみたいだが、卒業旅行に「ミャンマー行こう、オレビザなしでいけるし」とか言ってたから結局帰化しなかったらしい(手続きがめんどくさいとか言っていたような気がする)。

彼のことを考えると、「国」というものがなんだかよくわからなくなる。

彼は日本人ではなく中国人だ、でも日本人としか思えない、中国人、外国人と言いたくない。彼は何人だろうが、よっしーだ、としか思えない。大局でものを見る時、何人、とか、何県人とか、そういうカテゴライズは必要だと思うのだけど、個人になると、どうでもいいと思う。

…私当たり前すぎることを言っているような気がしてきた…。

ただ、歳を重ね、彼に会う度にどんどん彼がおっさんになってきていて「かわいかった私のよっしーは一体どこにいっちゃったんだろう…どんどん中国人のおっさんみたいな顔になってきたな…」と思ったことは内緒だ…。

最近連絡取れないけど、日本にいないのかな〜