読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

あー私も結婚して子供ほしいなぁー←結婚してた

家族 子育て 働く事 結婚・婚活
通勤時間中、2歳くらいの小さな子供を連れたお母さんらしき女性がいた。
その姿は何てことはないものなのだけど、子供の愛らしい姿は微笑ましく、幸せを具現化したものに思えてならなかった。

ああ、私もあれになりたい。
私も結婚して子供を得たらあんな風に幸せそうになれるのかな…

ろくに収入もないのに、仕事に追われる毎日に疲労と疑問符が再び湧いてきた今日この頃。

テレビの制作が嫌なのか、世話になっている制作会社が嫌なのか分からないが、じわじわと不安と不満と不平が膨らみつつある。

だが、ふと思いてみれば、わたしはすでに、既婚者ではないか。
経済的な不安からは一時は解消されたものの、結局、働かないという選択はなくならない。
仕事をしないと私はただただ孤独で、ただただ貧しい。
したい仕事ができて、好きな人と結婚できて、幸福そのものなのに…。
今もなお、幸せという青い鳥を探してしまう。
現実的に考えれば、子供がいる生活はその分葛藤も大きいわけで。
必ずしも通勤時間中に子連れが幸せとは限らないわけだ。


結婚したところで私という人間が変わるわけではない。
バリバリ家事ができるわけでも、朝スッキリ起きられるわけでも、完徹して元気モリモリなんてわけじゃない。
結局、朝はきつくて、部屋は汚くて、ご飯はめんどくさくて、生きているのは相変わらず辛くて、できるなら早く死にたいと思い続ける私は変わらないわけで…。

結婚したら、子供ができたら、ついつい、自分のステータスが自分を理想の自分につき上げてくれるとつい、期待してしまうけれども、私は変わらないままなのだ。
変わりたければ、ステータスではなく、私自身に向き合わなければ、なるべく肉を食べる、とか…。

ああ、家族に傷ついてきたのに、家族に幻想を持ってしまうのはなぜだろうか。