読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育て直し(自分を)

どうやって生きていくのかぼんやり考えるブログ

アウェイ

若い女性と、おじさんがいる飲み会に参加してきた。

って書くとなんか卑猥だな。いや、仕事の打ち上げで、プロジェクトを進めていた人々と、そのサポートをしていた女性社員たち、ということだ。

男性の最年少は32歳、最年長は56歳。

女性の最年少は24歳、最年長は33歳。(私)

なんというか、世の中の縮図を見ているようでくらくらした。

 

20代なんて、1年目だろうが、5年目だろうが、まだまだ伸びしろだらけのケツの青いガキだ。それに比べて自分は大人といいたいわけではなく、33歳になっても、自分がまだまだ至らない、成長が足りない、と言う感覚は残っている。ただ、年齢でものを考えることも、従事した年数で仕事の出来不出来を考えなくなっただけだ。

 

同じ年のスチールカメラマンに言われて気がついたのだが、33歳で仕事を続けている女性と言うのはおもったより少ない。

そのカメラマンは「この年で仕事している女って実は一番すくないのでは?」と言っていた。下はいっぱいいる、30代後半、40代くらいから上もそこそこいる。だけど、30代前半というのは、何気に会わない。仕事している人がいっぱいいることは知っているし、友達も子育てママ以上にバリバリ仕事している人もいるのだが、なんかおじさんに紹介される女性は、年齢を聞くと高頻度で「20代の女の子」ばかり。案件の担当者も見事に男ばかりだ。

 

いやいやいや、30代どうした!?
20代のころよりいまのがよっぽど仕事たのしいじゃないかい!?

 

それはともかく、飲み会では30代の男子がいたことで、居心地はそんなに悪くなかったのだが、唯一のオーバー30の私は女子たちと全然距離のとり方がわからなかった。お互い様なところはあるだろうが、どう接していいかわからなかった。なんつーか共通の話題もないし。

あと、皆おっさんにクソ気を使っている。お杓子にわざわざ遠く離れた人のところまでビールピッチャーを持って出張する。おちつかねえから、いちいち気を使わないでくれ。私の立ち位置微妙なんだからさ…!とニコニコしながらイライラ。

 

たぶんそういう文化の会社なんだろうなーとは思うが、ちょっと性分業が強くてちょっと食傷気味に。年下、しかもアラサーじゃない女は、アラサー以降の私には一番どう扱っていいか分からない存在だ。若い女性は年をとった女性を無自覚に、露骨に見下しにかかってくるから(昔の私がそうだった)。

 

まあでも、女の人が無理なく働き続ける文化っていうのを作っていくのが私たち30代なんだろうな〜と思ってしまった。上の世代を見上げている年齢じゃなくなったんだなと思うと同時に。

下の世代に、男性と対等に働くっていうのもそんな無理じゃないんだよ、結婚して子どもできなくても、別に仕事命じゃなくても、仕事楽しんでいいんだよ、って思ってもらいたいもんね。

若い子のセンスが耐えられない

BBAと言われても。

老害と言われても。

私は主張しなくてはならないことがある。

 

10-20代前半の女子のメイクが、マジできつい。ということ。

どうやら、最近のメイクはビビットな配色で、濃いめのものが流行りのようだ。

最近流行ってるよねーと、友達に言われて気がついた。

 

最初違和感に気がついたのは、地方に遊びに行った時、高校生バイトと思わしき女子のメイクを見てだ。

その女の子は、色白で、口は小さく、頬はしもぶくれ、つぶらな瞳をした和風でしとやかな顔をした女の子だった。おぼこい、好感の持てる顔だ。

その子は七五三のように、じの肌の色より少し明るめのファンデーションを少し濃いめになり、頬の中心に丸くチークを塗り、真っ赤なルージュを塗っていた。

 

ああ、お面のおかめって本当に美人だったんだな。なんだか、感心してしまった。おかめが現代に蘇ったらこんな感じなんだろう。

 

それからというもの、若い女性のメイクが目につくように。みんな驚くほど似たようなメイク。ファッションはそこそこ個性がみえるのだが、顔がみんな同じ…。

就活のリクルートスーツ、量産型ザク…。無個性なオシャレ女子たちに、辟易してしまう。

ビビットさ、今風のスタイリッシュさはハーフ顔の女の子の濃いメイクをそのまま移植したところで実現しないんじゃないだろうか?

 

流行を否定するつもりはない。だが、自分の素材とはちゃんと向き合うべきではなかろうか?

 

あなたの薄めの顔なら、あなたの肌のトーンなら、暗めのトーンのピンクのルージュでも華やかさが出て、ワンポイントにもなるだろう。

ビビットな赤でも、もっとワインレッドに近い方が多分映える。

街行く無個性な女子たちを見て、カラーコーディネートを学校の必修科目にした方がいいんじゃないかなと切実に思う。

 

いや、オールデイズすっぴんの私がいうのもなんなんだが、やり方が下手で、かっこいい、だけど難易度の高い流行りに紋切り型でしか対応できずダサくなってる女の子たちのファッションにフラストレーションが溜まってしまう。

 

…いや、私がダサくないか、流行に乗れているかは関係ありません。慣れてないし、我が道を行き過ぎてて、ダサい可能性すらある。あと、私真っ赤な今はやりのルージュを昔付けたかったけど、あまりの似合わなさに挫折したことがあるということがあり、堂々と似合わないのに付けていられる若い子たちがちょっと羨ましいのもある。

たぶんね、けっこう着こなしの難易度が高いんだと思うよ。昨今のファッション、メイクの流行は。

 

人の本能はたぶん変わり続けること

若い女性に話を聞く機会があった。彼女は人間は上に行くことを望むのが本能だと言っていた。

私は正直いってその考えに全然賛同できなかった。もちろん、話を聞く立場である以上、異を唱えることなどできないのだが、つくづく若い人って考えが、平面的だなーと思ってしまった。

その女性は、基本的に世の中を2次元で捉えているフシがあった。

論理的にものを言っているようなのだが、「いや、そんなにこの社会は立体感のない世界ではないと思うんだがなー」と思ってしまった。

「上に行く」というのも、何を上とするか、下とするのか?という定義を彼女は持っているのだろうか?と感じてしまった。

具体例として上げていたのは、経済規模が停滞していると、治安は悪化するが、経済規模が上昇していけば、治安は整理されていくといっていた。

いや、おそらく、その場合の2点の相違点は、停滞と、変動であって、経済規模が上向いた、下降しているという話ではない。

歴史を紐解けば、経済は常に下降と上昇を繰り返している。上向くだけが経済だと思われているのは、おそらく100年単位の話であったり、ヨーロッパ経済圏を中心に考えた場合だ。

また、人は上を目指すといったが、それでは、なぜ細胞の自死が存在するのか?なぜ人の遺伝子には老化というスイッチが入る仕組みがあるのか?なぜ、人の成長は止まるのかそもそも上とは何を指すのか?

本能として上を目指す…上の定義を、大きくなる、成長すると定義した場合、無限に血管を作成し、細胞分裂を繰り返し、決して死ぬことのない細胞は、なぜ「ガン」と呼ばれ宿主に死を与える存在なのか?

と、もちろん、そんな理詰めはしない。人はそれぞれ、自ら立つ位置から、自分のペースで、自らが目指す理想の地へとたどり着くものだ。彼女が今現在見つけた真理に水を差す気にはなれなかった。(というか、そういう矛盾点を着くと、すごい、てんぱりそうな雰囲気があって、そのテンパリが私への攻撃に向きそうな、緊張感があったし)

正直、視野の狭さにちょっとイライラしてしまった。

だが、私も彼女の言っていることには、理解できる点もある。

私自身が信じていることは、万物は常に変わり続けるということだ。…って、これ平家物語から言われていることだったね。

人は常に変わり続けることを望む。たぶん、人が死ぬのはそのためだし、老いるのはそのせいだと思う。

私は、人生とは放物線だと思っている。おそらく、肉体のピークは、25歳前後だろう。その放物線は、かなり高いところから、上方向に投げられたボールが絵描く線で、下降の線が異様に長い。上昇は25年前後、下降は、55年前後なのだろう。その中で、たぶんいちばん人間が無駄なく効率的なのは、下降線の冒頭だろう。上昇時には、重力がかかっている。成長、上向く線を作るために、めちゃくちゃなエネルギーを要する。だが、下降は、重力が引っ張ってくれる。重力が線を描いてくれる。

何言ってるかよくわかんないと思うけど、だから私は、3,40代が最強だと思う、ということ。若い頃と同じような体力もまだあるが、あの頃のように、体を作るためのエネルギー消費もない。

 

…何言ってるんだろうね。まあ、なんだろう、おとなになったな、と思うのは、やっぱり、20代のころは、全部紙の上で考えていた、世の中を2次元でしか見れなかったなということ。お金を稼ぐとか、いい男と結婚するとか、年収が高いほうがいいとか。

会社も、年収が高いとかだけじゃなくて、自分とあってるか否か、そこが実は超絶大事だったりする。

X軸とY軸でしか考えられなかったが、実際の社会はZ軸もある3次元なのだ。

自己満足なことを今日ものたまう私。

私の心が閉じた瞬間

そういえば、最近自分の気持ちに気がついたことがあるので、書いておこうと思う。私が実はきずついていたんじゃないか?と、思うことが1,2週間くらい前にあった。

その中で、あれは私の心が閉じた瞬間だったかもしれないな、と思うことがあった。
ここ最近で、やっと整理ができてきた。

 

尊敬しているとても頭がよく、性についてフランクに話ができる年長の男性に、ある要件で話を聞こうと連絡を取っていたアポが取れず、急きょ呼び出されたことでようやく会えた、ということがあった。

やっと時間を作ってくれた!人がいる場所では話せない、なんて言っていたから、気合を入れて行ってみたら、初対面の人がプラス3人いる、なんだかよくわからない飲み会だった。あんまりまともに話せなかったが、色々必死に話していたが、何か、うまく受け入れられることもなく、噛み合わなくて、その後数日に渡って、ずーっともやもやしていた、ということ。

 

最近、整理できたのはきっかけがある。あまりにもモヤモヤが晴れなかったので、その方と共通の知人に
「あの人って、性的嗜好の開示を求めてこられる方じゃないですか、なんか、その時私、色々聞かれたんですが、何か、うまく開示できなくて、ちょっとアイデンティティが崩れたんですよね」と話してみた。

そしたら相談した知人の方はこう答えてくれた。
「取材相手に無理に、自分の自己開示をする必要はないよ」と。
そこで、初めて、あ、もしかして私、傷ついていたんじゃないかな、と気がついた。

 

…いや、ちょっと意味わからないですね。補足します。

前提として件のその方は性のあらゆることをオープンにされている立場の方だ。また、性の情報開示を促すことが非常に長けている方。
そして、その場が飲みの場であったことで下手に堅物になるわけにもいかない(その方の存在や、関係性を否定しかねないから)
そもそもその場にいた全員が性について軽口を叩く環境にあった。

また、私も立場上、根掘り葉掘り聞くインタビュアー的ポジションのため、聞かれたことについて、誠実に答えるべきという意識が働き、相手の心に入ろうと必死になっていたというのもある。

という感じで、性の話をすることが、その場ではそこまで非常識な状況ではなかったわけです。

 

私は以前、別件でその人と合ったときにも「なんか、噛み合わないな、私が勉強不足だな」と反省していた。性的なことに、私はそこまで強い興味関心があるわけでもないし、アブノーマルなセックスのプレイにも興味があるわけでもない。(対してその方は性のエキスパートのような人)

だが、考えてみれば、その両方がその方にとっては、得意分野であり、牙城そのものだ。そのことにまるで無自覚で、丸腰の私が四方を囲まれていたようなものなのだから、それに気が付かずにいた(たぶん今日まで)。

そして、私は、自分が不快だということに対して若干感受性が低いように思う。必死に性的な話題について行こうとするが、その度に「お前はそんな程度で…」という扱いを受けるのも不快だったのだ。気がついていなかったが。

 

でも、それよりも不快だったのは、彼が私を「女」として見ていることだった。それはその時も漠然と感じていた。
上手く言えないのだが、「女の1人」としてみているのがよくわかった。「セックスできる女」としてまったく見ていないのだが、「男のような格好をしているけど、どうせ君は女だもんね」という目で見ているのをずっと感じていた。

それはいつも、ずっと感じていたのだ。女性を認めているようで、全然女性個体を見ていない。女性を総体でしか見ていない。それが漠然と伝わってくるのだ。だからこそ、非常に警戒はしていたが、それが不快だったということは明確にはわからなかった。

 

と、書いていてわかった。だから、不愉快だったんだ。彼は私を一ミリだって認めていない。女という総体のいち細胞くらいにしか思っていない「こういう男になりたい女っているよね」と、絶対に、男の領域に私をいれようとしないのだ。

 

ただ、私の心が閉じた瞬間があった。その飲みの場は、女性が私含め3人、男が2人。元々お会いしたかった1人の男性以外初対面だ。私は必死に皆さんが気分がいいように話をして、がんばって同じ土壌で話をしようとしていた。来てすぐだが、その場にいた女性3人で盛り上がったものだが、それをみて、その方は、もうひとりの男性に

「ね、女ってすごいでしょ、初対面でこんなに盛り上がれるんだよ」

と、楽しげに話しかけていた。

ああ、やっぱりそうだったんだね。心の中で、私の芯が暗い暗い水の底に沈んでいくのがわかった。あなたはやっぱり、私をなんにも認めていなかったんだね。

外見的には、私は男装をしているようなものだから、その方は、私を尊重するようなことを言ってくださるけど、女性としか見ていないんだよね。もちろん、明確に私は自分が男性だとも女性だとも言わなかったから、仕方がないのかもしれないけど。別に、明確に男性だと主張するのは、私はできないだけで、『女』として扱われるいわれはやっぱりないと思う。

 

その時は、色々と様々な悲しいことを突きつけられて、全然整理ができなかったんだけど、たぶん、あの時、取材者としても、人間としても、男としても、色々とつきつけられて、けっこうズタボロにされたような気が、今している。

たぶんむりしていきてるんだろーーーなー

ふと思ったのだが、私はけっこう無理して生きているかもしれない。どの辺が無理しているかというと、女のふりをしている、という時点でけっこうな無理なんじゃないかという気がしてきた。

私はなんとなく一つのところで、自分の気持ちを吐き出せなくて色んなところで文章(ブログ)を書いているのだが、どっかのサイトで吐き出したことに自分の性自認がどうしても女性であることを受け入れられない的なものを書いた。

それを見返してみて、今、私が女のふりをして、「女子」を名乗って「妻」を名乗って、「嫁」を名乗っていることって、実は自分が思っている以上に辛い作業なんじゃないだろうか?と感じたのだ。

『「女」として生きなければならない』その圧が自分を自分を縛っている。もちろん、女として生きたいという気持ちがどこかにあるのかもしれないが、それ以上に女として見られることにどうしても耐えられないと思っている。

子供の頃よりも、そうやって見られることにおびえている。ような気がする。子供の頃は体型も太っていたし、今ほどしゃれおつでもなかったから、ちいさいでぶっちょの不細工少年として見られることもままあった。だが、今は、パット見「男?女?どっちだ?」という怪訝な顔で見られることはあるのだが、基本的には女に見えていると思う(カバンとかカジュアルな女性向けのものが多いし)。あと、名前が女だし、声が女だ。男ということにもしていない。

だが、私はそろそろ、本気で、男に見える努力をした方がいいかもしれないな。心が壊れてしまうかもしれない。

元気にやってます

前に書いた日記が、なんか嵐の中すぎて、ちょっとこの人大丈夫かな、というテイストになっていたので、大丈夫。

元気にやってます。

筋トレばっかやってます。でもね、全然身体が強くない無いよね。ふとっちょのまんまです。ええ。

体重は落ちるだけじゃだめ、引き締めないと!だけど30年怠けに怠けたこの身体は早々簡単に、鍛えられません。身体の芯に筋肉がない。

 

今、具体的な仕事の愚痴しか思いつかないので、書くことがありません。

企画書がね、空中分解しているんですよ。わーわーわー。もうまとまる気がしなくなってきた。

どうしたらまともに生きられるのだろうか

生きていることに常に罪悪感がつきまとう。

朝起きられなくてごめんなさい

家事ができなくてごめんなさい

まともに稼げなくてごめんなさい

大きく言えばこんな感じだけど、本当はいろんなこと、一挙手一投足が申し訳ない。私が物音を立てることも、部屋から出ることも、冷蔵庫をあけることも。

会社にいけば行くで、そこで、メンバーとして正しい態度を取れない自分が申し訳ない。まともに稼げていない自分がいたたまれない。

生きていることが申し訳ない。クソの役にも立たなくて木偶の坊で申し訳ない。

 

働きたくはない。だけど、働かないと居場所もない。

 

だけど、だからいって働くこともできない。金を稼ぐことが怖くてたまらない。
仕事は好きだけど、手を抜くことができなくて、もう1度働いたら、半年くらいはもう働きたくない。だけど、働かないと罪悪感で死にそうになる。

 

息苦しい。どうしたら生きていいと思えるのだろうか?苦しい。

なんで生きていなきゃいけないんだろうか。

誰かに生きていていいと認めて欲しい。

いや、認められなくても、本当は生きていていいはずなのに、どうして、ただ生きているだけの自分をこんなに許せないのだろうか。

許して欲しい、生きているだけでいいと言って欲しい。