ADHDの自分を育て直し

よくわからない生きづらさに人生を思い悩む人のブログです。最近ADHDと分かりコンサータ始めました。

ここ数年の通院歴を振り返る(精神科+婦人科)

 ブログをはじめて、はやいものでもうすぐ5年。私は、そんな中、いろんな病院にいってきたなぁとしみじみ思った。

いろんな、と言っても、婦人科と、精神科。

 

 このブログをはじめてほどなく、妊娠発覚、その後、流れ落ちない、腹の中で胎児の成長が止まったままになる、稽留(けいりゅう)流産が確定、掻爬(そうは)手術を行った。

mangobus.hatenablog.com

 

それから1年後、毎日職場で「自分はだめなんです!」と号泣するようになり 、朝も起きられないなど様々な理由で、メンタルクリニックを受診。鬱との診断をもらう。薬による治療ではなく、3ヶ月の休職。休職と言っても、仕事はしているのだが…。

今にしておもえば、鬱というより、ADHDによる二次症状という感じなのだと思う。

mangobus.hatenablog.com

 

それから、2年後、再びメンタルクリニックへ。ADHDというものをどの段階でしったのか、思い出せないのだが、これは私では?と思って、行ったのだ。だが、結局、「努力が足りない」的な雰囲気で終わってしまい、失意のまま、自助努力を重ねていくしかない、となんの解決もしないまま、通院をやめた。

mangobus.hatenablog.com

 

 そして、去年、年齢、婚姻年数を鑑みて、不妊治療に踏み切った。が、夫婦の足並みがそろっていないと感じたことが主な理由で速攻辞めた。その後、話し合いを夫婦でしたものの、なんとなく、再開することなく、現在に至る。子供はほしいが…と、結論はでないままだ。

mangobus.hatenablog.com

 

で、ひょんなことから睡眠のことで悩んでいることを、発達障害の人に話したところ、どうもADHDの人は睡眠に悩むらしいと聞き、じゃあ、行ってみよう!と思いたち、病院にいった。それがここ数ヶ月の話だ。

mangobus.hatenablog.com

 

 そう考えると、このブログというのは、妊娠適齢期を逃しかけているADHDの人のブログなのだなと思う。

私の中では、今、まずは、ADHDによる生き辛さを解消することが第一目的。

その次に、子供も考えたいとは思うが…、やはり、子供を持つことはハードルが高い。まずは、生きづらさを解消し、自分の人生をもう一度考えなしたいところだ。もちろん、生きづらさなんて解消されないんだけど、それでも、朝、起きられるようになれれば、身体のだるみが取れれば、私の人生はだいぶ楽になる。 はず。

 

 

今のうちになんとかしないと

事ある事に「なんでちゃんと朝から来ないの?」「遅いよ」「続いてるよ」と言われる。

そのために「あー会社辞めたい」と思う。でも、辞めたところでどうにかなるわけじゃないし、今のまま辞めるくらいだったら、本当に、もう、死んだほうがいいと思う。

仕事をしていない私なんて存在価値がない。

 

そもそも、そういうことを言われないために、

  • 出社時間を決めない(仕事がある時にくる)
  • 撮影など切迫した必要な作業のない土日祝日は休む
  • 土日祝日に休むのなら、代休もとりたい

この組織に来てから私は一貫してその3点を求めているだけで、もらうギャラを安く設定しているのに、なぜ、休む度に「すみません、明日は休んでも大丈夫でしょうか?」と聞き、毎朝「遅くなってすみません」と言わないといけないのか。

私のような穀潰しが定額をもらうのは申し訳ないので、公平に、時給計算させてくれと言っても、時給じゃあだめだ(払えない)と言われる。もちろん、うんざりするほど安いのだが、彼らからすれば、かなり払っているそうで、この金額をあげているのだから、色々やってもらわないと困ると。

まあ、彼らはそんな条件なんだつもりはないのだろう。毎回そうだ。

 

その上でなぜ、そんなことを言われないといけないのか?

  • 正社員になれ(週休1日、勤務時間無制限、代休はほぼ受け付けられない、有給なし、厚生年金、健康保険は出してもらえる(感謝しろと言われる)
  • 給料のほしい分の3倍の純利益を取ってこい

100万もらいたければ300万稼げ、と。もちろん、300万というのは純利益の話だが…。

100万の中には、会社に通うための交通費が含まれる上に、別途厚生年金、健康保険費を負担してくれるわけでもない。源泉徴収すら出してくれない。

わかっているよ。借金まみれの零細企業では私に出す金なんてないんだろ。わかってるよ。じゃあさ、なんで雇うわけ。おかしいでしょ、私のような社会不適合者を囲い込むつもりなのに、なんなの?

そして、なんで私も辞めないの、この会社、おかしいでしょ。というか、もう会社として成立できていないじゃん。

 

 

そう、それは、私に社会生活をする能力がないからだ。こんなくそみたいな環境で、クソみたいな働き方に私は満足してしまっている。

ブラック企業につけ込まれているのに、それをはねのけられるほどの能力がないからだ。

まともな会社では働けないからだ。

 

朝が起きられない、撮影など重要な日にパフォーマンスを出すために、何もない日はリラックスをさせたい。緩急をつけて、ここぞというときにパワーを出せるように。

なぜ、私なりの自助努力を、こうも怒られなくてはならないのか?疑問でならない。

 それは、私が経済的に自立できていないからだ。実際、私は一人で一つの作品を作る実力がないのだ。彼らがいないと、私は何も実際できないのだ、経済的にも能力的にも、体力的にも、胆力としても。

 

やっぱり、どこかでもう一つ仕事をしないと。

インカムが1つしかないからつけ込まれる。

 

私は本当にこういうクソブラック組織にもいられないし、まともな企業でも働けない。本当に社会不適合者だなと本当に思う。

どうしたら、どうしたら、どうしたら・・・

私は、楽に生きられるのだろう。

 

まともに起きられるように、もっと身体が楽になれば、どんなに努力しても、結局起きられないし、身体はいうことは聞かないし、だるいし。

わかってはいるんだ、努力が足りないことは。

そしてもう一つわかっている。努力でなんとかなるんだったら、私はこの状況に30余年も悩んだりしないということも。

だからこそ、考え無くてはならない。いわゆる「頑張り」でなんとかできるものではない、そうではない、実現可能な努力が必要なのだ。どう考えていくか、それがいる。

 

このクソみたいに調子が安定しない身体は交換がきかない、買い直しがきかないから、こいつと、あとうん十年つきあっていくために、考えないといけない。

 

なんて考えてたら、近いこと言ってる人がいた。

gendai.ismedia.jp

価値観が多様化したことで「いろんな働き方があってもいいよね」といういわゆる「意識高い系」の議論がある一方で、企業が正規雇用を減らして非正規雇用をどんどん増やしていくといった話もあるわけですが、これは基本的には同じコインの表と裏なんだと思うんです。

要は、これからますますたくさんの人が、そう望もうが、望まざろうが個人事業主みたいな形で複数のクライアントを相手に業務を掛け持ちしなきゃいけなきゃならなくなるという時代なんです。

 別に私は、映像業界にイノベーションを起こすようなソリューションを考えているわけじゃないのだが、とりあえず、自分はこのスタイルじゃないと、だめだ。年寄りに囲い込まれてたら、自立する力を失って、年寄りの寿命とともに、私も終わってしまう。その前に、自分の足で立てるようにならないと。

コンサータ27ミリ 服用2週目

8日目 睡眠6時間 晴天(クソ暑い)

飲んだのは6時。体の中から成分が消えておそらく32時間くらいか。1日休んだだけなので、大した影響はないとは思うが、念の為医者には、報告せねばなるまいな。

出先だが、出張ではないからか、寝覚めはいい。やはり移動中眠くならない。というかその日は早朝飲んだのに日付が変わるまで眠くならない。私の睡眠の不調は、メンタル的な理由が大きいのかもしれないな…。

うっかりメモ
  • カルチャースクール的なのの日だと思って行ったら別日だった
  • 宿泊施設の休憩所だと思って入ったら泊まり客の使用していた部屋だった

 

9日目 睡眠6時間 晴天(クソ暑い)

いかん、2日連続睡眠6時間…これはどこかでガッツリ寝ないといけないフラグが。寝覚めは悪いが、それなりに深い眠りを得られている印象はある。

薬を8時に飲む。週末の疲れかなんなのか、だるくてしんどくて憂鬱で辛かった。1時就寝。

うっかりメモ
  • メールのやり取りですれ違う。文脈の意味がわからず、返しを失敗した。
  • 定期を使わず別のsuicaで通過してしまった
10日目 睡眠9時間 晴天(クソ暑い)

今日は早く行かないといけない用事がないので、ゆっくりした。昨日の体調を考えると今日はゆっくりしていないとやばい。10時頃起きる。そして就寝は4時前か。

うっかりメモ
  • 電話が来るかと思って待っていたら電話が来なくて2時間無駄にした
  • 定期を使わず別のsuicaで通過してしまった
  • お薬手帳を忘れる
  • 家でやることを忘れる

 

12日目 睡眠8時間 投薬一時中断 雨天

医師の指導により、仕事がある日に薬をやめてみてということで、また、単純に起床が12時前になってしまったので薬を飲むことをやめた。昨日からメンタルヘルスがやばい。週のはじめはやはりメンヘラがきついのは、私は運動により筋肉の修復に栄養が取られているからだと思っていたのだが…やはり、仕事に行きたくないんじゃないか?夜眠る気になれないことや、起きられない時点で。もはや疑う余地などないのかもしれないが。投薬をやめてみた感じは別に書く。

うっかりメモ
  • メールでのやりとりで、明日という文字を今日と読んでしまう。
  • メールの文章に書いてある文章を聞き直してしまう。
  • 買物をしていないことを思い出す
  • サプリを飲み忘れる
  • 家でやることを忘れる

 

12日目 睡眠8時間 晴天(クソ暑い)

朝8時に起き、9時に起き、10時に起き、11時に起きる。憂鬱と不安が大きくて、起きる気になれない。薬を飲んだおかげか多少元気。

うっかりメモ
  • そうめん出汁の瓶と、食べ途中の汁の入った茶碗を豪快にこぼし、汁が散乱
  • 家に帰ってやらなければならないと思っていたことを忘れる
13日目 睡眠6時間 晴天(クソ暑い)

昨晩寝たのが2時を過ぎてしまった。8時ごろに起き、薬を飲む。薬が聞いてきたのか8時半起床。寝覚めは悪くない。いつもより色んなものに気がつく。視野が広い。昨晩色んなTODOリストをし忘れていたことに気がつく。ゴミの日かな?と思ってゴミを持って出ようとしたが窓から外の様子を伺うと、ゴミの日ではなかったようだ。

日中炎天下で活動。事務所に戻り、少しうたた寝する。薬が寝るというか、身体を緩める感じで少し疲れが抜ける。

うっかりメモ
  • 通勤途中に買物をしようと思って忘れる
  • イヤホンをさそうとして別のことに気がつき、置きっぱなしにして行方不明(すぐ見つける)
  • サプリを飲もうとしてどこにしまっか忘れる(思い当たる節を思い出す)
  • でかけに家の鍵を見失う

 

14日目 睡眠8時間 晴天(クソ暑い)

なんとなく、眠る気になれなくてひたすらTwitterを見続けたぶん、2〜3時の間に就寝。あああもう。Twitterが最強の時間泥棒だと思う。Facebookはすぐ飽きるのにTwitterってマジでとまらないわ。8時に起床を目指すが起きられず、9時に起床を目指すが起きられず、10時に起床。毎朝3時間くらい悶絶してるんだな。夕方眠かったので仮眠を取ろうと思ったが、眠くならなかった。

うっかりメモ
  • ゴミを出し忘れる(というか起きられなかっただけだが)
  • 最近乗っていなかった自転車の鍵が行方不明

 

借金玉の本に書いてあった、神棚方式はマジで画期的だと思う。

私は廊下においてある白いプリンターの上に翌日も使う、イヤホン、時計、鍵を置くようにしているのだが、忘れにくくなった。私は持つグッズが黒と青が多いから黒いところに置くと見えなくなってしまうので、白いプリンターの上は素晴らしい。

時々鍵の在り処を探して朝わたわたするのだが、その頻度が減ったように思う。

しかし、薬を飲んでも眠気は抑えられるんだが、疲れが取れるわけじゃないんだよな。もちろん、動けるようにはなってありがたいんだけど。

 

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

 

 

コンサータを飲まずに過ごす【平日】

まず…私は今精神的に不安定な状態にある。仕事がきつい、というか「仕事やめたい」がずっとくすぶっているからだ。そのせいか、薬を飲まなかった日は、精神的な不調がきつかった。

ともかく憂鬱。薬がないからか、めちゃめちゃ体が重い。余計に絶望的な気持ちになる。早く帰りたい、だが帰ったところで、どうしようもない、家に帰りたい訳でもない。横になっても焦燥感は消えないし、寝たところで、やらなきゃいけないことを小人さんがやってくれるわけでもない。

悶々とした気持ちを抱えて過ごす。

ブログを書くも…憂鬱な気持ちを書きなぐることしかできず、とても見せられるものがかけない。

ただ…だるくて仕方がなかった。だるさで、ブログを書くことができなかった。ADHDの本を読むことぐらいしか。ADHDの本を読んで、もう、全部当てはまる、全部当てはまる…なのに、薬が聞かない…としょんぼりした気持ちに拍車がかかる。

職場に人がいなかったら、たぶん寝てた。人と話すのがしんどい、何もやる気がでない。辞めたい気持ちが良すぎて、前向きな取り組みをする気になれない。

だるさと絶望感でいっぱいだったが、そそくさと家に帰る。

だるさと眠気があり、帰宅後に外出の用事があったが、布団に横たわりながらTwitterを無為に見続ける。

用事の時間になっても動く気になれなかった。夫が帰ってきて、声をかけられたことでようやく動き出す。

夜、家に帰ってから、うとうととしたら、なんだか眠れなくなってしまった。だるさはあるのだが、眠れない。寝たい、だけど、寝たら明日が来てしまう、それまでに色々やっておきたい。ゴミも捨てに行きたい、と思いつつ、結局布団から起き上がれず、何もできず、焦燥感の中、Twitterを見る。こんなことで無為に時間をつかっていてはだめだと、Twitterをやめて本を読む。

しかし、本を読み始めたのはすでに3時すぎ。時間が気になって、本に集中できない。4時前に眠る。

うっかりがどうのとか、よりも、だるさと、精神的な不安定さがきつかった。薬がどうのよりも、最近、仕事のストレスが大きくて情緒が不安定なことが大きいのだろう。

通院ログ再診②

 前回に引き続き、再診にいってきた。

mangobus.hatenablog.com

  

今回もあまり効いていない、目は冴えているということを話した。

色々聞きたいことを忘れないようにTODOリストにメモ。色々聞く

  1. 薬が聞かないのは私が定型発達だからか?
  2. 定型発達の人が薬を飲むとどうなる?
  3. 母も発達障害のようだが?

まず1については、本を読んでいると、どれもこれも「そこまで困っていないな…」と思うことが多いから。だが、先生は「ADHDだと思いますよ」とあっさり。そう断言されると「私をダメなやつだ言いたいのか」とついつい卑屈な気持ちになる。

2については定型発達だろうが、眠気がとれるらしい。効果としては同じで、単にADHDの人特有の眠気がとれることでうっかりしにくくなる、ということらしい。

それを聞いて少し不安な気持ちになる。では・・・私には打つ手がないのではないか?

3は、「おそらくそうでしょう」と。「ただ、だからといって本人が困っていないのに、わざわざ薬を飲ます必要なんてありませんよ、安い薬ではありませんから」と釘を刺される。

 

先生の話によると、36ミリから、値段が上がるらしい。このまま続けるか、どうするか。先生も悩みながら話す。

とりあえず、27ミリをもう少し飲み続けて、仕事が忙しくない日に、一時的に飲むことを辞めてみてくれと言われた。休みの日にやめてみたと伝えたら「仕事という強制力が働く平日に試してみてください」と言われた。

効果のほどを詳しく聞かれるの中で、ちょんぼや、忘れ物はないか?と問われた。心的ダメージが大きい失敗は、そもそも大きい仕事をしていないので、わからない。だが、忘れ物については、思い出すことができなかった。

そこで、「思い出せないということは…していないのかな?」と答えると

「あるいは、忘れたことを忘れている…」と先生に返される。それは、確かにあるかもしれない。どうも、私は診察自体があまりいい心地がしないようで、毎回、かなり眠気を感じる。だるくて仕方がなくなる。…あの診察室気圧でも低いのか?余計思い出せない。

後日、少し振り返ってみると、忘れ物をして困ったと言うほど、困っていないのだが、色々忘れ物や、やり忘れをしている。次回から、しっかりそういった情報はメモをしておいた方がいいだろう。

 

薬は、とりあえず27ミリで据え置きに。もう少し様子をみて、用量を増やすか、ストラテラを試すか、とりあえず経過観察以降だ。

私がコンサータログを書く理由

私は何故こんなにも丁寧にログを書いているのだろう?と思う。

それは、たぶん、自己の観察をしたいのだと思う。ならば、クローズドなものに書けばいいのではないか?私もそう思う。やはり公にするのだから、ある程度、特定されがたい書き方をしなくてはならないし。見る人が見ればわかるし、気がついていないだけで身バレしている可能性は十分あり、それはそれで構わないのだが、やはりあけすけに書くわけには行かない。だが、クローズドにしてしまっては、誰かに見られているという緊張感がなくなり、文書を書く気が起こらなくなってしまう。(そもそも読み手のユーザビリティなんて気にしているようでないようなものだが。1エントリーが長文だし)

またクローズドだと、わざわざ読み返す気にもならなくなってしまう。インターネットで公開されているおかげで私自身が過去のエントリーにアクセスしやすい。日付やカテゴリのタグごとに整理してくれてるし。

だから、私はこれからもログを書いていく。また、もう少し丁寧に書こうと思う。今日は何を忘れた、とか。それが投薬の効果を図る手掛かりになるし。

天候もメモした方がいいかもしれないな。

私は仕事に依存しているんだ

メンヘラ.jpというWebページがある。アルファツイッタラーの分かり手さんが運営しているメンタルヘルスが不調だったり、生きづらさを抱えている人のための情報サイトだ。

そこに借金玉さんが寄稿文を寄せていた。

メンヘラ・アイデンティティの怖さと、アルコール・眠剤依存について - メンヘラ.jp

 

依存性の話に触れているのを見て、私は驚きとともに1つ自分に気づきがあった。

私は仕事に依存してるんだなと。

ADHDの人が依存物質に弱いと言われていたが、私はほとんどの依存物質は摂取しない。酒もタバコもギャンブルはもちろん、株もやらない。恋にもセックスにも執着がない。

カフェイン中毒気味だったり、過食傾向こそあるものの、過食嘔吐などの病的なものにはならない。

夫には多少依存してるなとは思うが、まぁだからと言って、彼なしでは生きられないなんて思わない。心離れや様々な要因による離別死別も人生設計の1部とも考えられる冷静さはあるつもりだ(あまりやりたくはないが、別れたら、一人で生きていくためにはおそらくちゃんと働くような気もする)。

全然依存しない、コンサータも効かないし、ADHDではなく、思い過しというか、怠け者の言い訳ではないかと思ったりしたが…。

私はたぶん仕事に依存する、ワーカホリックなんだ。

金玉さん睡眠薬依存だった頃のことを書いていて、依存物質が出ないものになぜ依存するのかわかった気がした。

精神的疾病の底にあるときはあらゆる承認が不足しているのですから、これはほとんど麻薬です。

例えば、僕は人生のある時期、人と会う時は常に睡眠薬と酒をかっ食らっていました。当然、待ち合わせ場所にはヘロヘロで現れることになります。鬱の底で、そうでもしないと動けないというのももちろんあったのですが、「ちゃんとしようとしてもできないが、ハチャメチャをやると面白がってもらえる」という悪循環が明らかにありました。

これが悪化していった結果、僕は目を覚ましたら即睡眠薬と酒を呑むようになりました。そうでもしないと世界に向かえなかったのです。明らかにヘロヘロの人間には誰も厳しくしません、期待もしません。しかし、僕が起こすトラブルや失態は笑ってくれます。

 

まさに、仕事に対するワシやないか。

前々から、仕事を始めるとメンタルを病んで死にたくなるし、朝も起きれなくなるし、毎回、これを仕上げたら辞める、休む、と思うのだが、いざ仕上がるとすぐになにか始めなければと焦り、やりたいことも湧いてくる。

でも、始まったらまた…と思うと新しいことは手が付けられない。やりたくないから、なかなか始められなくて、自己嫌悪に陥る。やりたくない、だけどやらなきゃ、そしてやりたい、ともなる。

それは依存症のメカニズムにがっつりはまってはいないか?

 

‪仕事をやればやるほど、満たされるはずだって思いながら、仕事をしている最中はもう辞めようもう辞めようと思うけど、いざ終わると、承認欲求も満たしてくれるし、これがなかったら私のことなんて認めてくれる人はいない。と考えてしまうのは、まさに依存症じゃないか。

 

しかも私は周りの人間に女性だと思われることに拒否感を感じている。いわゆるトランスジェンダーの下位モデルというか、一見すればボーイッシュな女性だが、女性を自認するには、少し女性への帰属意識が希薄で、男性への帰属意識が強いという感じだ。そのため、女であることが先立たない仕事をしたいと無意識的に考えてしまっている。テレビディレクターというのはそういう意味で私にぴったりだ。性別よりもその特殊性、希少性の方が目に付き、比較的性別は意識されにくいのではないだろうか?(また女だからと舐められる確率も下がるのではないかと思っている。)

 

そう思えば思うほど、この仕事にすがってしまう。今更ほかの専門職にはつけない。

あんまり意識したことは無かったのだが、女だと思われたくない、がいちいち、いちいち私の人生を阻害してるやないか。

金にもならないのに、なんでこんなに頑張るんだ、何のために?分からなくなる。もちろん、社会のためになんだけど…でも、こんなに辛い思いをしなくてもいいんじゃないかなと思う

私はまともに働ける日が来るのかな?

 

社員と同じ扱いを受けたくないから、非正規で死ぬほど安い額で働いてるのに…朝定時に行かないだけで、やってることは社員のままなんだよなぁ…。飲み屋でバイトした方がまだギャラがいいのに。

仕事の責任もあるし、やりがいもあるし、他にやりたいことも、他でやれるイメージもなく、だましだましやってきたが…。

改めて悩む日々が続く。